Color Ramp(カラーランプ) ノード

Color Ramp(カラーランプ) ノード。

Color Ramp(カラーランプ) ノードは、グラデーションを用い、値をカラーにマッピングするために使用します。

入力

Factor(係数)

Factor(係数) 入力は、カラーランプのインデックスとして使用します。

Properties(プロパティ)

Color Ramp(カラーランプ)

カラーランプウィジェット をご覧ください。

出力

Image(画像)

標準のカラー出力です。

Alpha(アルファ)

標準アルファ出力。

アルファマスクの作成

Color Ramp(カラーランプ)の見逃しがちな使用例は、アルファマスクや別の画像の上にオーバーレイするマスクの作成です。このようなマスクを使用すると、透けて見える背景部分を選択できます。

../../../_images/compositing_types_converter_color-ramp_create-alpha-mask.png

Color Ramp(カラーランプ) ノードを使用してアルファマスクを作成します。

上のマップでは、アルファチャンネルが欠落している白黒の渦巻き画像が、Factor(係数) として Color Ramp(カラーランプ) ノードに送られます。

Color Ramp(カラーランプ) ノードは、グラデーションの左端で純粋な透明色に、右側で赤色に設定されています。Viewer(ビューアー) ノードで確認できるように、Color Ramp(カラーランプ) ノードは、画像が黒い部分に完全に透明なマスクを出力します。黒は0なので、Color Ramp(カラーランプ) はグラデーションの左端の色を出力し、透明に設定します。Color Ramp(カラーランプ) 画像は完全な赤で、画像が白(1)の部分は不透明です。

別の画像の上にオーバーレイすることで、出力画像マスクが本当に透明であることを確認できます。

画像の色付け

この例では、複数の色がカラーグラディエントに追加され、白黒画像を炎のような渦巻きに変換します。

../../../_images/compositing_types_converter_color-ramp_colorizing-image.png

入力画像のグレーの濃淡は、青、黄、赤の3つの色にマップされ、完全に不透明(アルファ1)です。画像が黒の場合、Color Ramp(カラーランプ) は青(最初のカラーストップ)を置き換えます。グレーの影がある場合、Color Ramp(カラーランプ) はグラデーションから対応するカラーを出力します(青みがかった、黄色、赤みがかった)。画像が完全に白の場合、Color Ramp(カラーランプ) は赤を出力します。