Set Curve Radius(カーブ半径設定)ノード

Set Curve Radius(カーブ半径設定)ノード。

Set Curve Radius(カーブ半径設定) は、 Curve to Mesh(カーブからメッシュへ) ノードの断面のサイズなどの操作に使用されるカーブの半径を制御します。値はすべての制御点に設定され、制御点間の各評価ポイントに補間されます。

このデータの入力ノードは Curve Radius ノード です。

入力

Geometry(ジオメトリ)

Standard geometry input, containing curves.

Selection(選択)

各制御点の値を変更するかどうか。True値は値が変更されることを意味し、False値は値が同じままであることを意味します。

Radius(半径)

各制御点の半径値。

Properties(プロパティ)

このノードにはプロパティがありません。

出力

Geometry(ジオメトリ)

標準のジオメトリ出力です。