Set Handle Positions(ハンドル位置設定)ノード

Set Handle Positions(ハンドル位置設定)ノード。

Set Handle Positions(ハンドル位置設定) ノードは、 Bézier(ベジエ)カーブ のハンドルの位置を設定します。これらを使用して、生成されたカーブの形状を変更できます。このデータの入力ノードは Curve Handle Position(カーブハンドル位置)ノード です。詳細については、 Bézier(ベジエ)カーブ のページを参照してください。

注釈

位置が変更されると、 Auto(自動) ハンドルタイプは Aligned(整列) に変換され、 Vector(ベクトル) ハンドルタイプは Free(フリー) に変換されます。

注釈

このノードでは、左右のハンドルを同時に変更することはできません。これは、同じ制御点で左右のハンドルの配置が崩れるためです。

入力

Curve(カーブ)

Standard geometry input, containing curves.

Selection(選択)

各制御点のハンドルの位置を変更するかどうか。True(真)の値は解像度が変更されることを意味し、False(偽)の値は解像度が同じままであることを意味します。

Position(位置)

新しいハンドルの位置。

注釈

ハンドルの位置は、ハンドルのグローバルな位置であり、対応する制御点の位置とは関係ありません。

Offset(オフセット)

各ハンドルのオプション変換。これは、 Position(位置) 入力と同時に評価されます。つまり、評価されたフィールドは、変更された位置を反映しません。

Properties(プロパティ)

Left(左) / Right(右)

左ハンドルまたは右ハンドルのハンドル位置を設定するかどうか。 Left(左) ハンドルはスプラインの始点に近く、 Right(右) ハンドルは終点に近くなります。

出力

Curve(カーブ)

標準のジオメトリ出力です。

../../../_images/modeling_geometry-nodes_curve_set-handle-positions_example.png

ここでは、ハンドルは制御点と同じ位置に調整されていますが、Z方向にわずかに下方へオフセットされています。 Set Spline Type(スプラインタイプを設定)ノード を使用すると、ノードグループのユーザーが簡単に調整できるように、Edit Mode(編集モード)でカーブをポリスプラインにすることができます。