Merge by Distance(距離でマージ)ノード

Merge by Distance(距離でマージ)ノード。

Merge by Distance(距離でマージ) ノードは、必要に応じて周囲のジオメトリをマージし、指定された距離内で選択したメッシュ頂点やポイントクラウドの点をマージします。この操作は、 Merge by Distance(距離でマージ) オペレーターや Weld(溶接)モディファイアー に似ています。

入力

Geometry(ジオメトリ)

標準のジオメトリ入力です。

Selection(選択)

ジオメトリの一部を削除する場合に true となる Boolean(ブーリアン)フィールド。選択されていない点は、操作のために完全に解放されます。それらは他の点にマージされず、それらにマージされる点もありません。

Tip

可能であれば、選択の入力を使用することは、ノードを高速化する簡単な方法になります。これは、近くの点の検索は比較的コストのかかる操作であり、より多くの点が含まれる場合はさらにコストがかかるためです。

Distance(距離)

近くの点の検索に使用する距離。

Properties(プロパティ)

Mode(モード)

マージする頂点を選択する方法。

All(全て)

マージには、構造的に分離したパーツを含むすべてのジオメトリが含まれます。

Connected(接続)

マージには付随するジオメトリのみが含まれます。つまり、モディファイアーは構造的に分離したパーツをマージしません。

Output(出力)

Geometry(ジオメトリ)

標準のジオメトリ出力です。

../../../_images/modeling_geometry-nodes_geometry_merge-by-distance_points.png

選択の入力を使用して、ポイントクラウド内の点の一部のみをマージします。