Set Position(位置設定)ノード

Set Position(位置設定)ノード。

Set Position(位置設定) ノードは、 position 属性を制御するのと同じ方法で、各ポイントの位置を制御します。入力ジオメトリにインスタンスが含まれている場合、このノードは各インスタンスの原点の位置に影響します。

このデータの入力ノードは Position(位置)ノード です。

入力

Geometry(ジオメトリ)

標準のジオメトリ入力です。

Selection(選択)

各ポイントやインスタンスの位置を変更するかどうか。True値は位置が変更されることを意味し、False値は同じままであることを意味します。

Position(位置)

選択した要素の新しい位置。デフォルトでは、これは Position(位置)ノード が接続されている場合と同じです。つまり、ノードは何もしません。

Offset(オフセット)

各ポイントのオプション変換。これは、 Position(位置) 入力と同時に評価されます。つまり、評価されたフィールドは、変更された位置を反映しません。

Properties(プロパティ)

このノードにはプロパティがありません。

出力

Geometry(ジオメトリ)

標準のジオメトリ出力です。