Combine(合成)/Separate(分離)ノード

これらのノードはすべて基本的に同じことを行います。

  • Separate(分離): 画像を合成カラーチャンネルに分割します。

  • Combine(合成): 合成カラーチャンネルから画像を再結合します。

これらのノードを使用して、各カラーチャンネルを個別に操作できます。各タイプは、 Color Model(カラーモデル) で区別され適用します。

コンポジティングとテクスチャの環境では、各ノードはアルファチャンネルをサポートします。テクスチャ環境では、RGBカラースペースのみを使用できます。CyclesとEeveeのシェーディング環境では、HSVに合成/分離のノードが追加されます。

Combine(合成)ノードを使用して、単一のカラー値を入力することもできます。RGBAおよびHSVAカラーモデルの場合は、 RGBノード の使用を推奨します。いくつかの一般的な操作は、 Color(カラー)ノード を使用すると簡単に実行できます。

Separate/Combine RGBA(RGBA分離/合成)ノード

Combine RGBA(RGBA合成)ノード。
Separate RGBA(RGBA分離)ノード。

入力/出力

Image(画像)

標準 画像 入/出力。

  • R (赤)

  • G (緑)

  • B (青)

  • A (アルファ)

Properties(プロパティ)

このノードにはプロパティがありません。

../../../_images/compositing_types_converter_combine-separate_example-combine-rgba.png

ぼかしたアルファチャンネルの例。

この最初の例では、アルファチャンネルとぼかしを取得して、カラーと合わせます。シーンに配置すると、エッジがブレンドされ、ハードエッジではなくなります。これは、 Anti-Aliasing(アンチエイリアス) に似ていますが、3次元の意味です。CG要素をライブアクションに追加してハードエッジを削除する場合は、このノード設定を使用します。このエフェクトをより広いスケールでアニメーション化すると、オブジェクトは "フェーズ外" のタイムトラベルエフェクトとして "フェーズ" のように見えます。

Separate/Combine XYZ(XYZ分離/合成)ノード

Combine XYZ(XYZ合成)ノード。
Separate XYZ(XYZ分離)ノード。

入力/出力

Image(画像)

標準 ベクトル 入/出力。

  • X (X ベクトル)

  • Y (Y ベクトル)

  • Z (Z ベクトル)

Properties(プロパティ)

このノードにはプロパティがありません。

Separate/Combine HSVA(HSVA分離/合成)ノード

Combine HSVA(HSVA合成)ノード。
Separate HSVA(HSVA分離)ノード。

入力/出力

Image(画像)

標準 画像 入/出力。

  • H (色相)

  • S (彩度)

  • V (値)

  • A (アルファ)

Properties(プロパティ)

このノードにはプロパティがありません。

Separate/Combine YUVA(VUVA分離/合成)ノード

Combine YUVA(VUVA 合成)ノード。
Separate YUVA(YUVA分離)ノード。

入力/出力

Image(画像)

標準 画像 入/出力。

  • Y (Luminance(ルミナンス)/輝度)

  • U (U chrominance/U視差)

  • V (V chrominance/V視差)

  • A (アルファ)

Properties(プロパティ)

このノードにはプロパティがありません。

Separate/Combine YCbCrA(YCbCrA合成/分離)ノード

Combine YCbCrA(YCbCrA合成)ノード。
Separate YCbCrA(YCbCrA分離)ノード。

入力/出力

Image(画像)

標準 画像 入/出力。

  • Y (Luminance(ルミナンス)/輝度)

  • Cb (Chrominance Blue/視差青)

  • Cr (Chrominance Red/視差赤)

  • A (アルファ)

Properties(プロパティ)

Mode(モード)

ITU 601, ITU 709, JPEG

../../../_images/compositing_types_converter_math_multiply.png

Luminance channel(ルミナンスチャンネル)のスケールの例。

この例には、画像のルミナンスチャンネル(Y)を増加し明るくする、 Math(数式) (Multiply(乗算)) ノードがあります。

ちなみに

これらのチャンネルを Color Ramp(カラーランプ) ノードに通し値を調整する場合は、正確な表現のためにCardinal(カーディナル)スケールを使用します。ルミナンスチャンネルでExponential(指数)スケールを使用すると、コントラストの高い効果が得られます。