Interface(インターフェイス)

インターフェイス構成にて、UI要素の表示方法と反応方法を変更できます。

../../_images/editors_preferences_section_interface.png

Display(表示)

Resolution Scale(解像度スケール)

自動的に検出されたDPIを基準にしてフォントとボタンのサイズを調整します。通常の使用では、Blender インターフェイスの多くの部分で利用できるズームを使用するとよいでしょう。

Line Width(ライン幅)

3D Viewport(3D ビューポート)のボタンの輪郭、辺、頂点など、インターフェイスの線と点のスケールです。

Thin(細い), Default(デフォルト), Thick(太い)

Splash Screen(スプラッシュ画面)

Blenderの起動時に Splash Screen(スプラッシュ画面) を表示します。

Developer Extras(開発者用オプション)

開発者を支援することを目的とした設定とメニュー項目を表示します。これには次のものが含まれます:

Button Context Menu
Online Python Reference(Blender PythonAPI リファレンス)

Pythonリファレンスマニュアルを開きます。

Copy Python Command(Pythonコマンドをコピー)

ボタンを押したときに使用するコマンド表現をコピーします。

Edit Source(ソースを編集)

ボタンを定義するPythonソースコードを編集します。

Edit Translation(翻訳の編集)

UIの翻訳を編集するオプション ( Manage UI translations アドオンが有効になっている場合にのみ使用可能 )。

3D Viewport(3D ビューポート)
Show Indices

オーバーレイポップオーバーにメッシュの頂点/辺/面のインデックスを表示するオプション。

Preferences(プリファレンス)
Experimental(実験的) タブ

現在テスト中の開発中機能をここで有効にできます。

Tooltips(ツールチップ)
User Tooltips(ユーザーツールチップ)

有効にすると、マウスポインタがコントロール上にあるときにツールチップが表示されます。このチップは、ポインタの下にあるものの機能について説明し、(存在する場合)関連するホットキーを示します。

Python Tooltips(Pythonツールチップを表示)

ツールチップの下にプロパティのPython情報を表示します。

Editors(エディター)

Region Overlap(領域オーバーラップ)

これにより、リージョンがビューポートとオーバーラップします。これは、ツールバーサイドバー リージョンがメインエリアと重なって表示されることを意味します。

Navigation Controls(ナビゲーションコントロール)

エリアの右上にナビゲーションコントロールを表示します。これは、3D Viewport(3D ビューポート)と画像スペースに影響を与えます。

注釈

ナビゲーションのショートカットキーに精通している場合は、これは無効にすることができます。

Color Picker Type(カラーピッカーの種類)

好みの Color Space のタイプを選択してください。カラーフィールド上で LMB をクリックすると表示されます。

Color picker(カラーピッカー) のページで、さまざまなカラーピッカーの種類を確認してください。

Header Position(ヘッダーの位置)

新しいエディターを開くときのデフォルトのヘッダー位置。

Keep Existing(現状を維持)

ほとんどのエディタータイプとスタートアップファイルに保存されている位置に top が使用されます。

Top(上)/Bottom(下)

ヘッダーは常にエディターの上部または下部に配置します。

Factor Display Type(係数の表示タイプ)

係数の値がユーザーインターフェイスにどのタイプで表示されるか。

Factor(係数)

値は、0.0から1.0までの浮動小数で表示されます。

Percentage(割合)

値は、0〜100のパーセンテージで表されます。

Temporary Editors(一時エディター)

特定の操作を実行すると、Blenderは新しいウィンドウを開きます。これらの操作での動作は、ここで構成できます。

Render In(レンダリング画像表示方法)

レンダリングするとき、ユーザーインターフェイスは次のいずれかを実行できます:

Keep User Interface(UIを維持)

ユーザーインターフェイスは変更されず、レンダリングはバックグラウンドで計算されます。

Maximize Area(領域を最大化)

新しいImage editor(画像エディター)が全画面モードの一時ウィンドウとして開かれます。

Image Editor(画像エディター)

画面上で最大のエリアが一時的なImage editor(画像エディター)に置き換えられます。

New Window(別ウィンドウ)

新しいImage editor(画像エディター)が通常のサイズの一時ウィンドウとして開かれます。

File Browser(ファイルブラウザー)

コンピューターからファイルを開くとき、ユーザーインターフェイスは次のいずれかを実行できます:

Maximize Area(領域を最大化)

新しい File Browser(ファイルブラウザ) エディターが、全画面モードの一時ウィンドウとして開きます。

New Window(別ウィンドウ)

新しい File Browser(ファイルブラウザ) エディターが、通常のサイズの一時ウィンドウとして開かれます。

Translation(翻訳)

Language(言語)

ユーザーインターフェイス(UI) の翻訳に使用される言語。リストは、翻訳の完成度を示すカテゴリに分類されます。

Affect(影響)
Tooltips(ツールチップ)

UI要素にカーソルをのせたときの説明が翻訳されます。

Interface(インターフェイス)

メニュー、ボタン、および、パネルのすべてのラベルを翻訳します。

New Data(新規データ)

新しいデータブロックの名前を翻訳します。

Text Rendering(テキストレンダリング)

Anti-Aliasing(アンチエイリアス)

インターフェイステキストの Anti-Aliasing を有効にします。無効にすると、テキストはストレートテキストレンダリング(絶対ピクセルのみを埋める)を使用してレンダリングされます。

Hinting(ヒンティング)

font hinting を調整し、テキスト表示の間隔と鮮明さを制御します。

Interface Font(UI用フォント)

デフォルトのユーザーインターフェイスフォントの代わりに使用します。

Mono-space Font(等幅フォント)

デフォルトの等幅インターフェイスフォント (Text editor(テキストエディター)とPython Console(Pythonコンソール)で使用) の代わりに使用します。