Blender のコミュニティ

Blender が自由に使用可能であったことは、初期のオープンソースでない頃であっても、コミュニティに受け入れられる大きな助けとなりました。1998年以降 Blender の界隈には、大規模で安定したアクティブなユーザーコミュニティが集まります。コミュニティは2002年には7週間で10万ユーロもの資金援助をし、Blenderの GNU GPL ライセンス の下でのオープンソース化を実現させてみせました。

独立したサイト

Blender専用のフォーラム、ブログ、ニュース、チュートリアルサイトなど、いくつかの独立したサイト があります。

最大のコミュニティフォーラムの 1 つに、Blender Artists があります。そこでは Blender ユーザーが集まって作品を披露し合い、フィードバックを得て、助言を求め、一般的に Blender について話し合っています。

サポートの享受

Blender のコミュニティは Blender 最大の機能の 1 つであり、このユーザーマニュアルとは別に、Blender チャットStack Exchange など、他のユーザーからサポートを受けるためのさまざまな方法があります。

For studios and organizations there is Enterprise support, and for studios looking to add Blender to their pipeline, Blender Studio contains documentation and training material around this topic. If you think you have found an issue with Blender, please report a bug.

サポートの詳細については、サポートページ を参照してください。

Development(開発のガイド)

オープンソースである Blender は、ボランティアによる開発への参加を歓迎します。開発者間のコミュニケーションは、主に 3 つのプラットフォームを通じて行われます:

Blender の開発支援に興味がある場合には、Get Involved (参加する) を参照してください。

Blender チャット

リアルタイムのディスカッションは、 Blender ID の認証で入れる blender.chat で行っています。

以下のチャンネルに参加できます:

  • #today コミュニティへの呼びかけと応答のためのチャンネルです。

  • #blender-coders 開発者が Blender の開発について話し合うチャンネルです。

  • #python Python API を使用する開発者へのサポートに使用されます。

  • #docs Blender のドキュメントに関する話し合いを行うチャンネルです。