Environment Texture (環境テクスチャ) ノード

../../../_images/render_shader-nodes_textures_environment_node.png

Environment Texture ノード。

Environmental Texture (環境テクスチャ)ノードは、環境マップ画像ファイルをテクスチャとして使用し、シーンを照らすために使用します。

入力

Vector (ベクトル)

テクスチャルックアップのためのテクスチャ座標。ソケットが接続されていない場合、画像はZ軸を上にした環境としてマッピングされます。

Properties(プロパティ)

Image

画像ソースとして使用される画像データブロック。追加設定は、 Sidebar ‣ Item ‣ Properties にあります。これらには、カラースペースの追加オプションとともに、アルファチャンネルを制御するオプションが含まれます。これら追加オプションは、 Common Image Settings に記載されています。

Color Space

画像に含まれるデータタイプ。カラーまたは非カラーデータ。ほとんどのカラーテクスチャではデフォルトのColorを使用すべきですが、バンプマップやアルファマップの場合、不要なカラースペース変換を行わないよう、ピクセル値を非カラーデータとして解釈する必要があります。

Texture Interpolation (テクスチャ補間)

環境テクスチャに使用する補間法。次の補間を使用できます。

Linear

通常の品質の補間。

Closest

補間なし、最も近いピクセルを使用。

Cubic

よりスムーズで質の高い補間。

Smart

拡大時はバイキュービック、それ以外の場合はバイリニアを適用します。これは OSL でのみ使用できます。

Projection Method (入力画像の投影)

さまざまなタイプの環境マップを使用できます。以下の手法がサポートされています。

Equirectangular (正距円筒図)

正距円筒写真からの投影。

Mirror Ball (ミラーボール)

正射写真またはミラーボールからの投影。

出力

Color

画像のRGBカラー。

../../../_images/render_shader-nodes_textures_environment_example.jpg

HDR image from OpenFootage.net.