Timeline

The Timeline editor, identified by a clock icon, is used for manipulating keyframes and scrubbing the playhead.

../_images/editors_timeline_interface.png

Timeline 。

Timeline を使用すると現在のフレームやアクティブオブジェクトのキーフレーム、アニメーションシーケンスの開始フレームと終了フレーム、およびユーザーが設定したマーカーが表示され、それによりシーンのアニメーションの概要を把握できます。

Timeline には、アニメーションシーケンスを再生、一時停止、およびスキップするための Transport コントローラ が含まれています。

また、 KeyframeKeying Set および Marker を操作するためのツールが含まれています。

メインビュー

Timeline のメインリージョン には、時間に沿ったアニメーションフレームが表示されます。

../_images/editors_timeline_main.png

Keyframe (ダイヤモンドの形)、Playhead (青いハンドル)、Scrollbar (下に横たわるボタン) があります。

ビューの調整

Timeline は、MMB を押したままを左右にドラッグすることで、その領域をパンすることができます。

Timeline をズームするには Ctrl-MMBWheel 、または NumpadMinusNumpadPlus を使用します。

エディターの下部または右側にあるスクロールバーを使用して、ビューをパンおよびズームすることもできます。

プレイヘッド

Playhead は、現在のフレーム番号が上に書かれている青い縦線です。

../_images/editors_timeline_cursor.png

プレイヘッド。

Playhead は、タイムライン上部にあるスクラブ領域内で LMB を押すか、押したまま左右にドラッグすることで、新しい位置に移動できます。

Left または Right を押すことで Playhead を 1 フレーム単位で移動させることができます。また、Shift-Left または Shift-Right を押すことで、先頭または最終フレームにジャンプできます。

フレームレンジ

デフォルトでは、Frame Range はフレーム 1 で始まり、フレーム 250 で終了するように設定されています。Frame Range は、タイムラインのヘッダー右上または Output Properties で変更できます。

キーフレーム

選択がアクティブになっているオブジェクトは、Keyframe が菱形で表示されます。

Keyframe はクリックによる単一選択、Shift を押したままでのクリックによる複数選択、キーフレームの周りを矩形にドラッグすることでの複数選択が可能です。選択後、単一のキーはドラッグで、複数のキーは G で移動できます。また、S で複数キーのスケーリングができます。

Timeline --> View --> Only Selected Channels を有効にすることで、選択した対象のチャンネルのみが表示 されます。Armature の場合はオブジェクトの Keyframe と、ポーズモードで選択されているボーンの Keyframe が表示されます。

マーカー

詳細については Markers page を参照してください。