Viewport Overlays

Viewport Overlays ポップアップにより、画面上にオーバーレイ表示させるものを設定できます。スイッチをオフにすると 3D Viewport のすべてのオーバーレイが非表示になります。

ポップアップに表示されるオプションは、3D Viewport のモードによって異なります。

Object Mode

次のオプションは常に存在し、モードによる依存はありません。

Guides

Grid

正投影の三面からのビューでグリッドを表示します。

Floor

地平面を表示します。

Axis

Show the X and/or Y and/or Z axis line.

Scale

Grid/Floor の線の間隔です。

Subdivision

グリッドをさらに細分化する線の数です。

Text Info

View Perspective 、再生 FPS 、現在のフレーム番号、アクティブな Collection とオブジェクトの名前などの情報を表示します。

Statistics

Show information about the amount of objects and geometry.

Objects

選択したオブジェクトの数と総数。

Geometry

モードとオブジェクトのタイプに依存した、現在のシーン情報を表示します。頂点、面、三角面(Tris)、ボーンの数が表示されます。

HDRI Preview

マテリアルプレビューレンダリングされた シェーディングモードで使用されるHDRIをプレビューするため、1つは光沢のある球、もう1つはディフューズ球の、2つの球を表示します。

3D Cursor

3D Cursor をオーバーレイ表示します。

Annotations

Annotation をオーバーレイ表示します。

Objects

Extra

Empty の線や Camera 、その他の視覚的なガイドを含むオブジェクトの形状を表示します。

Relationship Lines

親子や Constraint の関係を示す点線を表示します。

Outline Selected

選択したオブジェクトの周囲に輪郭のハイライトを表示します。

Bones

Bone を表示します。Motion Path のみを表示したい場合は、オフにしてください。

Motion Paths

Motion Path をオーバーレイ表示します。

Origin

アクティブなオブジェクトの原点を表示します。

Origin (All)

すべてのオブジェクトの原点を表示します。

Geometry

Wireframe

Wireframe Shading と同様に、メッシュの面の縁を表示しますが、既存のシェーディングの上に辺を表示します。値スライダは、主要な辺のみワイヤー表示することにより、表示する辺を調整します。値を小さくすると、180度に近い角度の辺が非表示になり、値を1にするとすべてのワイヤーが表示されます。

Opacity

表示される辺の透明度。値1は完全に不透明で、値0は完全に透明です。

Fade Inactive Geometry

ビューポートの背景色を使用して、非アクティブなジオメトリをフェードします。値スライダは、オブジェクトが背景とブレンドされる係数を制御します。

Face Orientation

面の向きをオーバーレイ表示します。カメラ方向へ法線の発生点が向いている面は青色で表示されます。カメラから離れる方向に法線の発生点が向いている面は赤色で表示されます。これにより、面の法線の向きを簡単に把握できます。

Motion Tracking

Motion Tracking のオーバーレイを表示します。

Camera Path

再構築されたカメラの軌跡を表示します。

Marker Names

再構築されたトラックオブジェクトの名前を表示します。

Tracks

再構築されたトラックの表示形式を変更します。

  • Plain Axes

  • Arrows

  • Single Arrow

  • Circle

  • Cube

  • Sphere

  • Cone

Size

再構築されたトラックの表示サイズを変更します。

Mesh Edit Mode

次のオプションは、メッシュの Edit モードで使用できます。

Edges

部分的にでも選択されているエッジをハイライト表示します。

頂点選択モードと面選択モードへのみ影響します (エッジ選択モードではエッジは常にハイライト表示されます) 。

Faces

選択した面と選択されていない面の両方にオーバーレイによるハイライト表示を行います。

すべての選択モードで機能します。

Center

Solid シェーディングモードで、面の中心点を表示します。

面選択モードでのみ機能します。

Creases

Subdivision Surface モディフィア 用の折り目として設定されたエッジを表示します。

Sharp

Edge Split モディフィアで使用するシャープエッジを表示します。

Bevel

Bevel モディフィア 用に設定されたウェイトを表示します。

Seams

UV アンラップでの切れ目を表示します。

Edge Marks and Face Marks

Freestyle で使用するものです。

Shading

Hidden Wire

前面のワイヤフレームのみを表示します。リトポロジのワークフローで役立ちます。

ちなみに

任意で X-Ray 表示と組み合わせることができます。

Vertex Groups Weights

Edit モードで、ウェイトを表示します。

Zero Weights

参照がない、もしくはウェイトが 0 になっている領域を黒で表示します。非常に少ないウェイトで塗られた領域で見分けを付けるのに役立ちます。

None

通常の方法で頂点を表示します。

Active

アクティブなグループ内で、ウェイトを持たない頂点が黒で表示されます。

All

どのグループでもウェイトが 0 の頂点が黒で表示します。

Mesh Analysis

メッシュを解析するためのオーバーレイを表示します。

Mesh Analysis を参照してください。

Measurement

選択した要素の計測値をテキスト情報として画面上にオーバーレイ表示します。単位 は、Scene Properties で設定できます。

Edge Length

選択したエッジの長さを表示します。

Edge Angle

選択したエッジの両隣の面からなる角度を表示します。

Face Area

選択した面の面積を表示します。

Face Angle

選択した面の各コーナーの角度を表示します。

ちなみに

トランスフォームの最中は、選択したものに接続されたジオメトリの情報が表示されます。たとえば頂点を移動しながら、接続されたエッジの長さを確認することが可能です。

注釈

これらの値は Global/Local に従います。

オブジェクトの Scale 値を測定値に反映させる場合には、Global にしてください。

Normals

  • 頂点法線の表示

  • 頂点での面法線 (分割法線) の表示

  • 面法線の表示

Size

法線の表示サイズです。

Developer

Indices

選択した頂点、エッジ、面のインデックスを表示します。

Freestyle

Edge Marks

Freestyle レンダラーで使用する、Freestyle Edge Mark を表示します。

Face Marks

Freestyle レンダラーで使用する、Freestyle Face Mark を表示します。

Sculpt Mode

Mask

マスク をオブジェクトへオーバーレイ表示します。オーバーレイの不透明度を制御できます。

Face Sets

Face Sets をオブジェクトへオーバーレイ表示します。オーバーレイの不透明度を制御できます。

Vertex Paint

Stencil Mask Opacity

Vertex Paint Mode でのステンシルマスクオーバーレイの不透明度です。

Show Wire

ペイントモード中に、Wireframe を表示します。

Weight Paint

Opacity

オーバーレイの不透明度です。

Zero Weights

参照がない、もしくはウェイトが 0 になっている領域を黒で表示します。非常に少ないウェイトで塗られた領域で見分けを付けるのに役立ちます。

None

通常の方法で頂点を表示します。

Active

アクティブなグループ内で、ウェイトを持たない頂点が黒で表示されます。

All

どのグループでもウェイトが 0 の頂点が黒で表示します。

Show Weight Contours

ウェイトの補完値が同じ場所を結んだ、等高線を表示します。

This visualizes weight variations too small to be seen from colors and can be useful for judging the smoothness and consistency of gradients, e.g. when using smoothing tools and brushes.

Show Wire

ペイントモード中に、Wireframe を表示します。

Texture Paint

Stencil Mask Opacity

Texture Paint Mode でのステンシル マスク オーバーレイの不透明度です。

Pose Mode

Fade Geometry

Bone を前面に、他のジオメトリを背面に表示させます。不透明度をスライダで制御できます。

Grease Pencil

Onion Skin

現在のフレームの前後キーフレームのゴーストを表示します。マルチフレームが有効になっている場合 アクティブフレームの前後のキーフレームがオニオンカラーで表示されます。

Canvas

Grease Pencil の描画平面上にグリッドを表示します。グリッドの不透明度をスライダーで調整できます。 Canvas X-Ray オプションを使用すると、オブジェクトはキャンバスグリッドの背後に描画されます。

Fade Layers

オブジェクト内の、アクティブなレイヤ以外のレイヤに対して不透明度を下げます。不透明度はスライダで調節できます。

Fade Objects

アクティブな Grease Pencil オブジェクト以外の、ビューポートのオブジェクトをフルカラーレイヤで覆います。それにより、複雑なシーン描画での視認性を高めます。

Fade Grease Pencil Objects

グリース ペンシル オブジェクトを含めるか、除外します。

Edit Lines

ストロークの編集時に線を表示させます。

Only in Multiframe

Multiframe での作業時に、編集する線だけを表示します。

Stroke Direction

ストロークの始点(緑)と終点(赤)の表示を切り替えて、線の方向を視覚化します。

Material Name

リンクされたストロークの横にマテリアル名を表示します。

Vertex Opacity

編集中の頂点 (ポイント) の不透明度です。

Vertex Paint Opacity

オーバーレイの不透明度です。

Handles

Curve Editing がアクティブな場合、このオプションは 3D Viewport でのカーブの表示方法を制御します。

None

ハンドルは表示されず、制御点のみを表示します。

Selected

選択した制御点のハンドルのみを表示します。

All

すべてのハンドルを表示されます。