はじめに

シーンはあなたの作業を整理する方法です。blendファイルには、オブジェクトやマテリアルなどの他のデータを共有する複数のシーンを含めることができます。

シーンの管理とライブラリの追加/リンクはBlenderの ライブラリとデータシステム に基づいている ため、システムの基本に不慣れな場合は、最初にそのマニュアルページを読むほうがよいでしょう。

トップバーシーン データブロックメニューを使用して、シーンの選択や作成ができます。

Controls

参照

Menu

Topbar ‣ Scene

../../_images/scene-layout_scene_introduction_menu.png

シーンデータブロックメニュー。

シーン

有効なシーンのリスト。

Add
New

デフォルト値で空のシーンを作成します。

Copy Settings

空のシーンを作成しますが、アクティブなシーンから新しいシーンに設定をコピーします。

Linked Copy

このオプションは、アクティブなシーンと同じ設定と内容で新しいシーンを作成します。ただし、オブジェクトをコピーする代わりに、新しいシーンには古いシーンのコレクションへのリンクが含まれています。したがって、編集するオブジェクトは文字通り同じであるため、新しいシーンでオブジェクトを変更すると、元のシーンも同じように変更されます。逆もまた同様です。

Full Copy

このオプションを使用すると、共有はされません。このオプションは、アクティブなシーンのコンテンツをコピーして完全に独立したシーンを作成します。元のシーンのすべてのオブジェクトが複製され、そのオブジェクトデータも複製されプライベートなコピーが作成されます。

注釈

これらのオプションを使い分けるために、 オブジェクトオブジェクトデータ の違いを理解しておくと役に立ちます。したがって、シーンを追加するための選択により、アクティブなシーンから、どの情報が新しいシーンに*コピー* されるか、どの情報が 共有 (リンク)されるかが決まります。

Delete X

トップバー の 名前の横にある X をクリックすると、現在のシーンを削除できます。

参考

シーンへのリンク

あるシーンから別のシーンに任意のオブジェクトを リンク できます。