リージョン

Blenderのすべてのエディタはリージョンに分割されます。リージョンには、ボタンやコントロール、ヴィジェットが配置された タブとパネル などの、より小さな構造物を含めることができます。

../../_images/interface_window-system_regions_3d-view.png

サイドバーと、キューブ追加後の調整パネルが表示された、3D Viewportの各リージョン。

ヘッダー(緑)、メインリージョン(黄色)、ツールバー(青)、サイドバー(赤)、最後の操作の調整パネル(ピンク)。

主なリージョン

少なくとも 1 つのリージョンが常に表示されます。これはメインリージョンと呼ばれ、エディタの最も特徴的な部分です。

各エディターには特定の目的があるので、メインリージョンやその他のリージョンは、エディタごとに異なります。エディタ の章の各エディタに関するドキュメントを参照してください。

ツールバー

ツールバー (エディタ領域の左側) には、一連の対話型ツールが含まれています。T でツールバーの表示状態が切り替わります。

ツールバー で詳しく説明します。

ツールセッティング

名前のとおり ツールセッティング (エディタ領域の上部/下部)には、アクティブなツールの設定が含まれています。Flip to Bottom/Top オペレータによる位置変更や、ヘッダーのコンテキストメニューによる表示状態の切り替えを行うことができます。

Adjust Last Operation

最後の操作の調整 は、ツールのオプションに関するリージョンで、ツール (オペレータ) を実行すると表示されます。

Adjust Last Operation で詳しく説明します。

整頓

スクロール

リージョンは、MMB でドラッグすることで、垂直または水平方向にスクロールできます。リージョンにズームレベルがない場合は、マウスカーソルを置いて Wheel でスクロールできます。

サイズと非表示の変更

リージョンのサイズ変更は、エリア 同様に、境界をドラッグして行います。

リージョンを非表示にするには、サイズがゼロになるまでサイズ変更をします。非表示になったリージョンは、小さな矢印記号を残します。このアイコンへの LMB で、リージョンが再表示されます。

サイドバーの非表示と表示。
../../_images/interface_window-system_regions_sidebar-hide.png
../../_images/interface_window-system_regions_sidebar-show.png