アノテーションツール

アノテーションツールは、複数のエディタで使用できます。例えば3Dオブジェクトやノードエディタにアノテーションを加えることができます。

アノテーションツールは左側のツールバーから起動でき、以下のサブツールがあります。

Annotate

メインエリアでフリーハンドのストロークを描画します。

Annotate Line

クリックとドラッグで、線を作成します。オプションで、線の開始と終了の矢印スタイルを選択できます。

Annotate Polygon

複数回クリックすることで、つながった線を作成します。Esc を押すと終了します。

Style Start, End

線の開始または終了に使用する装飾。これは、たとえば、シーン内で特定の詳細を示す矢印を作成するために使用できます。

Annotate Eraser

クリックとドラッグで線を削除します。Tool Settings ‣ Eraser で 消しゴムの Radius を設定できます。

設定

共通のもの

Sidebar ‣ View ‣ Annotations パネル内で、複数のアノテーションをレイヤーで管理できます。

Color

既存のストロークと新しいストロークの色を調整します。

Opacity

既存のストロークと新しいストロークの不透明度を調整します。

Thickness

既存のストロークと新しいストロークの太さを調整します。

Onion Skin

カレントフレームの前後のフレームで作成された、ストロークのゴーストを表示します。オニオンスキニングは、3D Viewport と Sequencer でのみ機能します。Grease Pencilドキュメント内の Onion Skinning の解説を参照してください。

Stabilize Stroke

ポイントの位置を遅らせて修正することにより、描画中のストロークのジッターを減らすのに役立ちます。

Radius (半径)

連続するストロークの最終ポイントからの最小距離。

Factor

滑らかさ係数。値を大きくするとストロークが滑らかになりますが、描画感覚はストロークを引っ張っているように感じられます。

3Dエディタ

3D Viewportで新しいアノテーションを作成する場合、1つのツール設定があります。

配置

Placement オプションは、3D空間内で線を描画する場所を決定します。

3D Cursor

3Dカーソルを通り、ビューに整列された仮想平面上に描画します。

View

3D空間ではなく、画面空間に描画します。つまり、例えばカメラが移動や回転をしても、ラインは画面内の同じ位置にとどまります。

Surface

マウスの下にある面に線を投影します。

2Dエディタ

2Dエディタでは、Placement オプションはありません。アノテーションツールを有効にすると、右サイドバーの Tool ‣ Active Tool パネルへ、複数のレイヤーを管理するための設定が表示されます。

../_images/interface_annotate-tool_node-editor.png

ノード エディタでのアノテーションツール。