アノテーションツール

アノテーションツールは、複数のエディタで使用できます。例えば3Dオブジェクトやノードエディタにアノテーションを加えることができます。

The annotation tool can be activated in the Toolbar on the left side. It has a couple of sub-tools listed below.

Annotate

メインエリアでフリーハンドのストロークを描画します。

Annotate Line

クリックとドラッグで、線を作成します。オプションで、線の開始と終了の矢印スタイルを選択できます。

Annotate Polygon

複数回クリックすることで、つながった線を作成します。Esc を押すと終了します。

Style Start, End

線の開始または終了に使用する装飾。これは、たとえば、シーン内で特定の詳細を示す矢印を作成するために使用できます。

Annotate Eraser

クリックとドラッグで線を削除します。Tool Settings ‣ Eraser で 消しゴムの Radius を設定できます。

設定

共通のもの

There is a panel, Sidebar ‣ View ‣ Annotations, in it multiple annotation layers can be managed.

Color

Adjusts the color of existing and new strokes.

Opacity

既存のストロークと新しいストロークの不透明度を調整します。

Thickness

既存のストロークと新しいストロークの太さを調整します。

Onion Skin

カレントフレームの前後のフレームで作成された、ストロークのゴーストを表示します。オニオンスキニングは、3D Viewport と Sequencer でのみ機能します。Grease Pencilドキュメント内の Onion Skinning の解説を参照してください。

Stabilize Stroke

ポイントの位置を遅らせて修正することにより、描画中のストロークのジッターを減らすのに役立ちます。

Radius (半径)

連続するストロークの最終ポイントからの最小距離。

Factor

滑らかさ係数。値を大きくするとストロークが滑らかになりますが、描画感覚はストロークを引っ張っているように感じられます。

3D Editor

When creating new annotations in the 3D Viewport, there is one tool setting.

配置

The Placement option determines where the line is drawn in 3D space.

3D Cursor

Draw on an imaginary plane that goes through the 3D cursor and is aligned to your view.

View

Draw in screen space instead of in 3D space. That means, that the line will stay on the same position in the screen, even when the camera moves or rotates.

Surface

Project the line on the surface under the mouse.

2D Editors

In 2D editors, the Placement option does not exist. When the annotation tool is enabled, the settings for managing multiple layers can be found in the Tool ‣ Active Tool panel in the right Sidebar.

../_images/interface_annotate-tool_node-editor.png

ノード エディタでのアノテーションツール。