Grease Pencil

このモードでは、 Grease Pencil オブジェクトの アニメーションフレームのタイミングを調整できます。これは、ショットをブロックするアニメーターにとって特に便利です。ブロックをリタイムする機能は、エクササイズ全体の主な目的の1つです。

このモードにアクセスするには、Dope Sheetエディターの モード セレクター(ヘッダーの左端にあります)をGrease Pencilに変更します。

このエディターモードを使用するには、 Grease Pencil オブジェクト が選択されていることを確認してください。

../../_images/editors_dope-sheet_grease-pencil_view.png

チャンネル領域

Grease Pencil (水色)

チャンネル領域には、レイヤーを含むGrease Pencilデータブロックが表示されます。エリアごとに複数のブロックが使用されます(例えば、3D ViewportとImage Editor用に1つ)。

Layers (グレー)

これらのチャネルには、 レイヤー がバインドされているキーフレームが含まれています。

Opacity

レイヤーの Opacity を制御します。

Mask (mask アイコン)

Masks の可視性を切り替えます。

Onion Skinning (onion skin アイコン)

Onion Skinning のレイヤーの使用を切り替えます。

Viewport/Render での可視性 (目のアイコン)

ビューポートとレンダリングでレイヤーの表示を切り替えます。

アニメーションのロック (チェックボックスアイコン)

アニメーションの再生を切り替えるか、チャンネルを静的に保ちます。

ロック (南京錠 アイコン)

レイヤーの編集可・不可を切り替えます。

メインビュー

キーフレームは、 Dope Sheet の他のデータと同じように操作できます。補間されたキーフレーム(別名 ブレイクダウン)は、小さな水色の点として視覚化されます。