Bilateral Blur(バイラテラルブラー)ノード

Bilateral Blur(バイラテラルブラー)ノード。

Bilateral Blur(バイラテラルブラー)ノードは、ソース画像に対して高品質の適応ブラーを実行し、シャープな辺を維持しながら画像をブラーできるようにします。

ノイズの多いレンダーパスをスムージングして、レイトレースされたアンビエントオクルージョン、ぼやけた屈折/反射、やわらかいシャドウなどの計算時間が長くならないようにしたり、非フォトリアリスティックな合成効果を作成したりするなど、さまざまな目的に使用できます。

入力

Image(画像)

標準カラー入力。画像入力のみが接続されている場合、ノードはソース画像に存在する辺に応じて画像をぼかします。

Determinator(境界決定ソース)

これは必須ではなく、Determinator(境界決定ソース)が接続されている場合は、画像のぼかしの辺/境界を定義するためのソースとして機能します。これは、ソース画像のノイズが多すぎる場合に大きな利点がありますが、Zバッファと組み合わせた法線は、オブジェクトの正確な境界/辺を定義できます。

Properties(プロパティ)

Iterations(反復)

フィルターが画像に対して操作を実行する回数を定義します。これは、実際にはブラーの半径を定義します。

Color Sigma(カラーシグマ)

画像の色の違いを辺と見なすしきい値を定義します。

Space Sigma(スペースシグマ)

ぼかし半径の微調整変数。

出力

Image(画像)

標準のカラー出力です。

../../../../_images/compositing_types_filter_bilateral-blur_example-1.png

Bilateral smoothed Ambient Occlusion. blend-file example

../../../../_images/compositing_types_filter_bilateral-blur_example-1-render.jpg

レンダー結果。

../../../../_images/compositing_types_filter_bilateral-blur_example-1-composite.jpg

コンポジット。