精度

Reference

Mode

Object Mode と Edit Mode

ショートカットキー

Ctrl および/または Shift

変換操作(例えば、移動、回転、スケールなど)の間、 Ctrl を押し続けると、 Transform Snapping をトグルします。 Snap ElementIncrement に設定されていると、変換を離散量で実行できます。

変換操作中に Shift を押し続けると、オブジェクトが1/10の速度で変換され、より細かい制御が可能になります。

変換の値は、3D Viewport ヘッダーで確認できます。変換の間に CtrlShift を離すと、移動は通常の動作モードに戻ります。

注釈

このページで説明されているスナップ動作は、 Increment Snap が選択されている場合に のみ 適用されます。

ちなみに

単に、 CtrlShift を押し続けることで、スナップモードと精密モードの両方を有効にすることができます。これにより次の効果があります:

Move

ズームレベルに関係なく、0.1単位刻みで変化します。

Rotation

1単位刻みで変化します。

Scale

0.01単位刻みで変化します。

使用方法

ホットキーを用いて

G, R または S を押し、次に、 Ctrl, Shift または Shift-Ctrl を押し続けます。

トランスフォームギズモを用いて

ギズモハンドルを選択し、次に Ctrl, Shift または Shift-Ctrl を押しながらマウスを動かすことで、精密な制御やスナップをアクティブにします。

ちなみに

他のコントロールとの組み合わせ

このページで説明しているすべての精度コントロールは、 軸のロック コントロールやさまざまな Pivot Points と組み合わせて使用できます。

スナップ

Move

../../../../../_images/scene-layout_object_editing_transform_control_precision_units.png

1 単位 (デフォルトズームレベル)

オブジェクトの移動中にスナップすると、オブジェクトの位置が1単位に変化します。一方で aligned view では、増加量は zoom level に基づいて変わります。例えば、基本ズームレベルでは、オブジェクトは1単位ずつ(つまり、2本のライトグレーの線の間で)移動します。灰色線の次のセットが表示されるまでズームインすると、単位の1/10の増分でスナップします。さらにズームすると、単位の1/100の増分でスナップし、ズーム制限に達します。ズームアウトすると逆の効果があり、10、100単位などの増分で移動します。

Rotation

Ctrl を押しながら操作すると、5度回転します。

Scale

Ctrl を押しながら操作すると、0.1単位でサイズが変更されます。

注釈

スナップモード

Snap Element オプションを有効にしている場合、 Ctrl を押しながら操作すると、最も近い要素にスナップすることに注意してください。

詳細は snapping を参照してください。

精度

Shift を押しながら変換すると、固定の増分に依存しないとても細かい制御が可能になります。むしろ、画面上でマウスを大きく動かしても、選択物がわずかに変化するだけです。

回転モードでは、選択した要素は0.01度ずつ回転します。