Geometry Proximity(ジオメトリ近接)ノード

Geometry Proximity(ジオメトリ近接)ノード。

Geometry Proximity(ジオメトリ近接) ノードは、ターゲットジオメトリ上の最も近い位置を計算します。

Tip

The Map Range(範囲マッピング)ノード is often helpful to use with the distance output of this node to create a falloff with a maximum distance.

入力

Geometry(ジオメトリ)

標準のジオメトリ入力です。

Sample Position

ターゲットに最も近い位置を計算するために指定された位置。

Properties(プロパティ)

ターゲットエレメント
Faces(面):

ターゲットのメッシュジオメトリの面上の任意の場所で最も近いポイントを計算します。

Edges(辺):

ターゲットのメッシュジオメトリの辺上の任意の場所で最も近いポイントを計算します。

Points(ポイント):

ターゲットジオメトリ上の最も近い点または頂点を計算します。通常、このモードが最も高速です。このモードはポイントクラウドとメッシュジオメトリの両方で機能し、他のモードはメッシュでのみ機能します。

出力

Position(位置)

ターゲットメッシュのサーフェス上の最も近い位置、または Points(ポイント) モード時のターゲットポイントクラウド内の最も近いポイント。

Distance(距離)

ソース位置からターゲット内の最も近い位置までの距離(浮動小数点値)。

ノードのさまざまなモード: Faces(面)、Edges(辺)、Points(ポイント)。この例では、Geometry Nodes(ジオメトリノード)モディファイアーがターゲット平面に追加されます。大きな平面は細分化され、小さな平面は細分化されないことに注意してください。

../../../../_images/modeling_geometry-nodes_geometry-proximity_modes.png

3つのターゲットエレメントモード: Faces(面)、Edges(辺)、Points(ポイント)。

../../../../_images/modeling_geometry-nodes_geometry-proximity_example.png

シェーダーで使用される距離のターゲットとして使用される球上に分布するポイント。