Proportional Editing

Reference

Mode

Object Mode と Edit Mode

ヘッダー

ヘッダーの prop-edit-icon アイコン。

ショートカットキー

O

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_tool.png

Proportional Editingのポップオーバー。

プロポーショナル編集は、選択した要素(頂点など)を変換しながら、その変換が他の近くの要素に影響するようにする方法です。例えば、単一の頂点を移動すると、指定された範囲内で選択されていない頂点が移動します。選択された頂点に近い未選択の頂点は、その頂点から離れた頂点よりも多く移動します(つまり、選択された要素の位置に比例して移動します)。プロポーショナル編集は近くのジオメトリに影響を与えるため、高密度メッシュの表面をスムーズに変換する必要がある場合に非常に便利です。

注釈

Blenderには 、個々の頂点を表示せずにメッシュを比例して編集するためのブラシとツールを含む Sculpting もあります。

Controls

無効にする O, Alt-O

プロポーショナル編集をオフにします。選択された頂点のみが影響を受けます。

有効にする O, Alt-O

選択した頂点以外の頂点は、定義された半径内で影響を受けます。

Influence

変換操作中に WheelUpWheelDown 、または、 PageUpPageDown を使用して、ツールの影響の半径をそれぞれ増減できます。半径を変更すると、選択物を囲む点の位置がそれに応じて調整されます。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_influence.png

影響の輪。

Falloff (減衰)

編集中に、ヘッダーアイコンの Falloff メニューを使用するか、 Shift-O を押してさまざまなオプションを切り替えることで、使用するカーブプロファイルを変更できます。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_falloff-constant.png

一定、Falloffなし。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_falloff-random.png

ランダムに減衰。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_falloff-linear.png

リニアな減衰。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_falloff-sharp.png

シャープな減衰

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_falloff-root.png

ルートの減衰。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_falloff-sphere.png

球状の減衰。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_falloff-smooth.png

スムーズな減衰。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_falloff-inverse-square.png

逆二乗の減衰。

Object Mode

プロポーショナル編集は通常、 Edit Mode で使用されますが、 Object Mode でも使用できます。 Object Mode では、ツールは、個々のメッシュコンポーネントではなく、オブジェクト全体に機能します。

下の画像では、右の円柱がZ軸に沿ってスケールされています。 Proportional Editing が有効になっているとき、隣接する円柱はツールの影響力の半径内です。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_object-mode.png

Object Mode でのプロポーショナル編集。

Edit Mode

密なジオメトリで作業する場合、モデルの表面に目に見えるしこりやしわを生じさせずに、頂点を微妙に調整することが困難になることがあります。このような状況に直面した場合、プロポーショナル編集ツールを使用して、モデルの表面をスムーズに変形させることができます。これは、指定された範囲内の選択されていない頂点のツールの自動修正によって行われます。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_mode.png

Edit Mode でのプロポーショナル編集。

Options

Connected Only Alt-O

半径のみを使用するのではなく、接続されたジオメトリを介して比例減衰が広がります。これは、他の指に影響を与えることなく、手の指の頂点を比例して編集できることを意味します。他の頂点は(3D空間内で)物理的に近くにありますが、メッシュのトポロジカルエッジ接続に従って遠く離れています。 Connected がアクティブな場合、アイコンの中心が青色になります。このモードは、 Edit Mode でのみ使用できます。

Projected from View

半径を適用する場合、ビューに沿った奥行きは無視されます。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_2d-compare.png

通常と投影(2D)プロポーショナルオプション(右)の違い。

下の画像は、 Proportional Editing を有効にして三角グリッドの頂点を上に移動することで得られた、低ポリゴンの風景の最終レンダリングを示しています。

../../../_images/editors_3dview_controls_proportional-editing_landscape.jpg

プロポーショナル編集で取得した風景。