はじめに

ここに記述しているものは、最初に行っておきたい幾つかの設定です。設定の完全なリストと説明は、Preferences(プリファレンス) の章に記載されています。

Language(言語)

Edit ‣ Interface ‣ Translation を有効にして Language(言語) を選択し、Interface(インターフェイス), Tooltips(ツールチップ), New Data(新規データ) のどれを翻訳するかを選択します。

詳細は Translation(翻訳) を参照してください。

Input(入力)

数字パッドのないコンパクトなキーボードを使用している場合は、Preferences(プリファレンス) ‣ Input(入力) ‣ Keyboard(キーボード) ‣ Emulate Numpad(テンキーを模倣) を有効にしてください。

マウスに中央のボタンがない場合は、Preferences(プリファレンス) ‣ Input(入力) ‣ Mouse(マウス) ‣ Emulate 3 Button Mouse(3ボタンマウスを再現) を有効にできます。

詳細については Input Preferences(プリファレンスの入力) を参照してください。

ファイルとパス

Preferences(プリファレンス) ‣ File Paths(ファイルパス) では、GIMP や Krita などの外部で使用する Image Editor(画像エディター) や、Animation Player(アニメーションプレイヤー) などを設定できます。

Temporary Directory は、一時レンダーや自動保存などのファイルを格納する場所の設定です。

ちなみに

Blender では各パスの先頭にある ''//'' は、相対パスで参照するための、現在開いている blendファイルのディレクトリを意味しています。

詳細は File Preferences(プリファレンスのファイル) を参照してください。

Save & Load(セーブ&ロード)

もし blendファイルの出自を信頼できるのであれば、Auto Run Python Scripts(Pythonスクリプトの自動実行) を有効にできます。このオプションは、誰かの手でblendファイルの中に含めることができる悪意あるPythonスクリプトから、あなたを保護するためのものです。偶然には起こることではありませんが、多くのユーザーは、高度なリグで頻繁に使用されるスクリプト (人型リグのスケルトンを制御する「Rigify」など) を自動的に実行するために、このオプションをオンにしたままにします。

Preferences(プリファレンス) の Save & Load(セーブ & ロード) の Auto Run Python Scripts を参照してください。