アンドゥとリドゥ

以下のツールを使用することで、不測のアクションを巻き戻したり、最後のアクションをやり直したりできます。また、Blenderに記録された最近の実行履歴リストから特定の時点を選択し、復元することができます。

Undo

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Edit ‣ Undo

ショートカットキー

Ctrl-Z

直前の実行を取り消すには、Ctrl-Z を押してください。

参考

Editing Preferences の undo セクションで、デフォルトを変更できます。

Redo

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Edit ‣ Redo

ショートカットキー

Shift-Ctrl-Z

元に戻したアクションを再度実行するには、Shift-Ctrl-Z を押します。

Adjust Last Operation

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Edit ‣ Adjust Last Operation...

ショートカットキー

F9

操作が完了した後で、その操作のパラメータを微調整できます。これをサポートするエディタでは、最後に実行された操作とモード、コンテキストに基づいて左下に「ヘッドアップディスプレイ」パネルが表示されます。また、F9 でもポップアップを表示させることができます。

たとえば、最後の操作が Objectモード での回転だった場合、Blender は変更された最後の角度を表示します (図の左側、回転 (Objectモード、60度)。 を参照)。そこへ Numpad0 と入力すれば、完全にアクションを取り消すことができます。これらはオペレータに基づく便利なオプションで、アンドゥのみに頼らなくとも、使用可能なオプションから完全な変更が可能になります。

If you are in Edit Mode, Blender will also change its contents based on your last action taken. In the second example (on the right), the last operation was a Move in Object Mode; but a Scale on a Face in Edit Mode, and, as you can see, the contents of Adjust Last Operation are different, because of the mode (Edit Mode) (See Fig. スケール (Editモード、面をサイズ変更)。 right).

Adjust Last Operation.
../_images/interface_undo-redo_redo-last-object-mode.png

回転 (Objectモード、60度)。

../_images/interface_undo-redo_redo-last-edit-mode.png

スケール (Editモード、面をサイズ変更)。

ちなみに

一部の操作では、Adjust Last Operation を使用することで特に有用な結果が得られます。たとえば、3D Viewportで円を追加します。そして Vertices を 3 に減らすと、完全な正三角形が得られます。

ちなみに

The Adjust Last Operation region can be hidden by View ‣ Adjust Last Operation.

Undo History

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Edit ‣ Undo History

../_images/interface_undo-redo_undo-history-menu.png

Undo Historyメニュー。

Blenderによって記録された最近のアクションに対する、Undo History機能もあります。

The top of the list corresponds to the most recent actions. A small icon of a dot next to one of the entries indicates the current status. Rolling back actions using the Undo History feature will take you back to the action you choose. Much like how you can alternate between going backward in time with Undo and then forward with Redo, you can hop around on the Undo timeline as much as you want as long as you do not make a new change. Once you do make a new change, the Undo History is truncated at that point. Selecting one of the entries in the list takes the current status to that position.

Repeat Last

Reference

Mode

全てのモード

パネル

Edit ‣ Repeat Last

ショートカットキー

Shift-R

Shift-R を押すと、Repeat Last機能によって最後のアクションを繰り返します。

In the example images below, we duplicated a Monkey mesh, and then we moved the object a bit. Using repeat Shift-R, the Monkey was also duplicated and moved.

../_images/interface_undo-redo_repeat-last1.png

スザンヌ。

../_images/interface_undo-redo_repeat-last2.png

Shift-D と移動の後。

../_images/interface_undo-redo_repeat-last3.png

Shift-R を押した後。

Repeat History

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Edit ‣ Repeat History...

../_images/interface_undo-redo_repeat-history-menu.png

Repeat Historyメニュー。

Repeat History 機能により、最近行ったアクションがリストに表示され、繰り返したいアクションを選択することができます。上記で説明したUndo Historyと同じように動作しますが、リストには繰り返し可能なアクションのみが含まれます。

重要

Blenderを終了すると、その前にファイルを保存した場合であっても、アクションのリストは完全に失われます。

参考

失われた作業の回復 に関するトラブルシューティングのセクション。