一般的なショートカット

慣例

キーボード

このマニュアルでは、ホットキーの文字はキーボードに書かれているもので記述してしています。例えば:

G

は、小文字の g のことを示しています。

Shift, Ctrl, Alt

は、修飾キーを示しています。

Ctrl-W, Shift-Alt-A, ...

は、これらのキーを同時に押す必要があることを意味します。

Numpad0Numpad9, NumpadPlus

は、テンキーのそれぞれのキーを示しています。

その他のキーはキー名が当てはまり、Esc, Tab, F1F12 のようになります。特別なものとして、矢印キーの Left, Right などがあります。

Mouse(マウス)

このマニュアルでは、マウスのボタンを次のように示しています:

LMB

左のマウスボタン

RMB

右のマウスボタン

MMB

中央のマウスボタン

Wheel, WheelUp & WheelDown

ホイールをスクロールさせます。

注釈

Blender's default key-map has two main interaction modes left-click-select & right-click-select. See the Select with Mouse Button preference.

While LMB select is default, both are fully supported and there are advantages with RMB selection, see: Learn the benefits of right-click-select.

ホバー中

ホバリングしている間 (ボタンの上にカーソルが位置しているとき)

Properties(プロパティ)

  • Ctrl-C -- ボタンの (単一の) 値をコピーします。

  • Ctrl-V -- ボタンへ (単一の) 値を貼り付けます。

  • Ctrl-Alt-C -- フィールドのベクトルまたは色の全体をコピーします。

  • Ctrl-Alt-V -- フィールドへベクトルまたは色の全体を貼り付けます。

  • RMB -- コンテキストメニューを開きます。

  • Backspace -- 値をクリアします (ゼロにセットまたはテキストフィールドを空にします)。

  • Minus -- 正負を逆転させます (-1.0 を掛けます)。

  • Ctrl-Wheel -- 段階的に値を増減します。

    ポップアップオプションメニューボタンの場合、値が循環します。

  • Return -- メニューの実行やトグルの切り替えを行います。

  • Alt -- 値を変更する際に押し続けることで、選択中のアイテム (オブジェクト、ボーン、シーケンスストリップ) 全てに変更を適用します。

    これは数値のフィールドとトグルに対して使用できます。

Animation(アニメーション)

  • I -- キーフレームを挿入します。

  • Alt-I -- キーフレームを除去します。

  • Shift-Alt-I -- Clear all keyframes (removing all F-Curves).

  • Ctrl-D -- ドライバを適用します。

  • Ctrl-Alt-D -- ドライバを除去します。

  • K -- キーイングセットを追加します。

  • Alt-K -- キーイングセットを除去します。

Pythonスクリプティング

  • Ctrl-C -- どんな オペレータボタン の上でも、そのPythonコマンドをクリップボードへコピーします。

    これはPython Console(Pythonコンソール)やText Editor(テキストエディター)でのスクリプト記述に役立ちます。

  • Shift-Ctrl-C -- どんなプロパティボタンの上でも、そのプロパティのデータパスをコピーします。コンテキストメニューからも同じ機能へアクセスできます。

    ドライバやスクリプトの記述に便利です。

  • Shift-Ctrl-Alt-C -- どんなプロパティボタンの上でも、そのデータブロックとプロパティの 完全な データパスをコピーします。

    ほとんどの場合、名前ではなくコンテキストに基づいて値にアクセスするのが最善であることに注意してください。

ドラッグ

  • Ctrl -- ドラッグしている間、個別のステップでスナップします。

  • Shift -- 値を精密に制御します。

  • Shift-Ctrl -- スナップが効いた状態で、高精度にオブジェクトを動かします。

テキスト編集

  • Home -- 行の先頭へ移動します。

  • End -- 行の末尾へ移動します。

  • Left, Right -- カーソルを一文字分、移動させます。

  • Ctrl-Left, Ctrl-Right -- カーソルを一単語分、移動させます。

  • Backspace, Delete -- 文字を削除します。

  • Ctrl-Backspace, Ctrl-Delete -- 単語を削除します。

  • Shift -- キーを押し続けてカーソルを移動させることで、選択を行います。

  • Ctrl-A -- テキストを全て選択します。

  • Ctrl-C --選択したテキストをコピーします。

  • Ctrl-X -- 選択したテキストを切り取ります。

  • Ctrl-V -- カーソルの位置へテキストを貼り付けます。

確定とキャンセル

  • Esc, RMB -- キャンセルします。

  • Return, LMB -- 確定させます。