Snap

参照

Mode

Object Mode, Edit Mode, Pose Mode

Menu

Object/Object type ‣ Snap

ショートカットキー

Shift-S

Snap メニュー(Object ModeEdit Mode の両方で、3Dヘッダーからも利用できます。 Object ‣ SnapMesh ‣ Snap )。このメニューには、カーソルや選択物を定義されたポイント(カーソル、選択物、またはグリッド)に移動するためのいくつかのオプションがあります。

Selection to Grid

現在選択されているオブジェクトを最も近いグリッド位置にスナップします。

Selection to Cursor

現在選択されている各オブジェクトをカーソル位置に移動します。

Selection to Cursor (Offset)

選択物を3Dカーソルの位置に配置します。複数のオブジェクトが選択されている場合、それらは個別にカーソル位置に移動されません。代わりに、お互いの相対距離を維持しながら、3Dカーソルの位置に配置されます。

Selection to Active

選択物をアクティブなオブジェクトの原点に移動します。

Cursor to Selected

下記を除き、カーソルを現在の選択物の中央に配置します。

Cursor to Center

カーソルをワールドの原点(位置 0, 0, 0)に配置します。

Cursor to Grid

最も近いグリッド位置にカーソルを置きます。

Cursor to Active

アクティブな (最後に選択された)オブジェクトの原点にカーソルを配置します。

Cursor to Selected オプションは現在の Pivot Point の影響も受けます。例えば:

  • Bounding Box Center のピボットポイントがアクティブな場合、Cursor to Selected オプションは、オブジェクトの原点を囲むバウンディングボックスの中心に3Dカーソルをスナップします。

  • Median Point のピボットポイントが選択されている場合、 Cursor to Selected は、3Dカーソルをオブジェクトの原点の median にスナップします。