Object Types

Reference

Mode

Object Mode

Menu

Add

ショートカットキー

Shift-A

新しいオブジェクトは、3D Viewport のヘッダーの Add メニューで作成できます。

Mesh

頂点、辺、多角形面で構成されるオブジェクトは、Blenderのメッシュ編集ツールを使用して広範囲に編集できます。 Mesh Primitives を参照してください。

Curve

長さと曲率を編集するために、(頂点の代わりに)制御ハンドルや制御点で操作できる数学的に定義されたオブジェクトです。 Curves Primitives を参照してください。

Surface

制御点で操作できる数学的に定義されたパッチです。これらは、単純な丸みのある形やオーガニックな風景に役立ちます。 Surfaces Primitives を参照してください。

Metaball

オブジェクトが存在する3Dボリュームを定義する(頂点や制御点のない)数学関数によって形成されたオブジェクトです。メタオブジェクトは液体のような性質を持っており、2つ以上のメタボールを組み合わせると、接続部分がスムーズに丸められ、1つの統合されたオブジェクトとして表示されます。 Meta Primitives を参照してください。

"Text

テキストの二次元表現を作成します。

Volume

OpenVDBファイルのコンテナです。OpenVDBファイルは、他のソフトウェアやBlenderの Fluid Simulator からファイルを読み込むことができます。

Grease Pencil

ストロークをペイントすることによって作成されたオブジェクトです。

Armature

3Dモデルをリギングして、ポーズをとったりアニメートしたりできるようにするために使用されます。

Lattice

Lattice Modifier を使用して他のオブジェクトを変形するために一般的に使用されるレンダリングされないワイヤーフレームです。

Empty

レンダリングされない単純な視覚変換ノードであるNullオブジェクトです。これらは、他のオブジェクトの位置や動きを制御するのに役立ちます。

Image

3D Viewportに画像を表示する空のオブジェクトです。これらの画像は、アーティストがモデリングやアニメーション作成する際の補助として使用できます。

Light

発光し、レンダリングでシーンを照らすために使用される空のオブジェクトです。

Light Probe

間接照明の照明情報を記録するために、Eeveeレンダリングエンジンによって使用されます。

Camera

レンダリングに表示される内容を決定するために使用される仮想的なカメラです。

Speaker

シーンに音源をもたらす空のオブジェクトです。

Force Field

シミュレーションに外力を与え、動きを作成し、3D Viewportで小さな制御オブジェクトとして表される空のオブジェクト。

Collection Instance

既存のコレクションのリストから選択できます。選択すると、選択したコレクションのインスタンスを含む空のオブジェクトが作成されます(コレクションのインスタンス化がアクティブになります)。

共通のオプション

You can change the options of the object in the Adjust Last Operation panel just after creating it:

Type

一部のオブジェクトは、作成後にセレクタを使用してタイプを変更できます。

Radius/Size

開始サイズを設定します。

Align

位置合わせのため、次のいずれかの方法で新しいオブジェクトを回転します。:

World

オブジェクトをグローバル空間軸に位置合わせします。つまり、オブジェクトの前面が負のY軸に面します(デフォルト)。

View

オブジェクトをビュー空間軸に位置合わせします。つまり、オブジェクトの前面がビューポートの視点に面します。

3D Cursor

3D Cursor の回転に一致するようにオブジェクトを位置合わせします。

Location

デフォルトでは、オブジェクトは3D Cursorの位置に配置されます。これらの値により、オブジェクトを別の位置に配置できます。

Rotation

これらの値により、デフォルトの回転が上書きされるようにオブジェクトを回転できます。