Edge Data(辺データ)

辺には、他の特定のツールがメッシュに与えた結果に影響するいくつかの異なるプロパティがあります。

Edge Crease(辺のクリース)

参照

Mode(モード):

Edit Mode(編集モード)

Menu(メニュー):

Edge(辺) ‣ Edge Crease(辺のクリース)

ショートカットキー:

Shift-E

このオペレータは、マウスを動かす(または、キーボードで値を入力する)ことにより、 Edge Crease(辺のクリース) の量をインタラクティブに設定します。複数の辺を選択すると、クリースの平均値(代表値)が調整されます。負の値は、存在する場合、実際のクリース値から差し引かれます。辺のクリース プロパティをクリアするには、-1の値を入力します。

Edge Bevel Weight(辺ベベルウェイト)

参照

Mode(モード):

Edit Mode(編集モード)

Menu(メニュー):

Edge(辺) ‣ Edge Bevel Weight(ベベルウェイト)

Sets the value for the bevel_weight_edge attribute, a value between (0.0 to 1.0).

This attribute is used by the Bevel Modifier to control the bevel intensity of the edges.

This operator enters an interactive mode (a bit like transform tools), where by moving the mouse (or typing a value with the keyboard) you can set the bevel weight of selected edges. If more than one edge is selected, this operator alters the average weight of the edges.

Mark Seam(シームをマーク) と Clear Seam(シームをクリア)

参照

Mode(モード):

Edit Mode(編集モード)

Menu(メニュー):

Edge(辺) ‣ Mark Seam(シームをマーク)/Clear Seam(シームをクリア)

これらのオペレータは、選択した辺に対してこのマークを設定または設定解除します。Seams(シーム)は、UVマップで分離 "アイランド" を作成する方法です。詳細については、 UV Mapping(UVマッピング)のセクション を参照してください。

Mark Sharp(シャープをマーク) と Clear Sharp(シャープをクリア)

参照

Mode(モード):

Edit Mode(編集モード)

Menu(メニュー):

Edge(辺) ‣ Mark Sharp(シャープをマーク)/Clear Sharp(シャープをクリア)

Signifies the selected edge(s) as being "sharp". This edge attribute can either be set (mark) or unset (clear).

This influences the rendering of Normals(法線、ノーマル) to appear flat if smooth shading is enabled for the connecting face or object. This attribute can also be used by many modifiers or operators to mask their effect.

Internally, this uses the sharp edge attribute.