選択

選択ツールは、ヘッダーの Select Menu と以下のショートカットにより使用できます:

Sync Selection

Sync Selection ボタンをオンにすると、3D Viewport でのコンポーネント選択を、UV Editor での対応要素に同期させます。オフにすると UV Editor へは、選択した面のみが表示されるようになります。この 2 つのモードは、UV Editor でのコンポーネント変換で、大きく異なる結果を示します。

選択モード

選択モードは Sync Selection の状態に依存します。

Sync Selection がオフの場合

Vertex

個々の頂点を選択します。

Edge

エッジを選択します。

Face

面を選択します。

Island

面が連続したグループを選択します。

Sync Selection がオンの場合

UV または Edge の選択中は、Shared Vertex ModeShared Vertex オプションのように振る舞います。Face の選択中は、Sticky Selection ModeDisabled オプションのように振る舞います。

Vertex

個々の頂点を選択します。

Edge

エッジを選択します。

Face

面を選択します。

Sticky Selection Mode

このセレクタを使用すると、自動での追加選択を有効にできます。

Shared Vertex

UV の位置が異なっていても、メッシュ頂点を共有する UV が選択されます。

Shared Location

同じ UV 座標にあり、メッシュ頂点を共有している UV を選択します。

Disabled

Sticky Selection を無効にします。各面が独自の UV を所有するため、このモードで UV を動かすことにより分離させることができます。

Shortest Path

参照

Mode

Edit Mode

Menu

Select ‣ Select Linked ‣ Shortest Path

ショートカットキー

Ctrl-LMB

アクティブなコンポーネントから選択されたコンポーネントへの最短パスに沿ったすべての UV コンポーネントを選択します。

Face Stepping

頂点と面の対角線パスをサポートし、辺リングを選択します。

Topological Distance

距離の計算には、パスの辺の数のみが考慮され、辺の長さは考慮されません。

Fill Region Shift-Ctrl-LMB

アクティブな選択物から、クリックされた領域までの最短経路にあるすべての要素を選択します。

Checker Deselect Options

パス内の代替要素をすばやく選択できます。

Deselected

反復で選択解除された要素の数。

Selected

反復で選択された要素の数。

Offset

始点からのオフセット。

参考

メッシュ編集 Select Shortest Path

Select Edge Loops

参照

Mode

Edit Mode

ショートカットキー

Alt-LMB、または、既存の選択物を変更する場合、Shift-Alt-LMB

Alt を押しながらUVコンポーネントを選択すると、マウスポインタ直下の辺を通過して、エンドツーエンドで接続された辺ループが選択されます。 Shift-Alt を押しながらクリックすると、現在の選択に追加されます。

参考

メッシュ編集 Select Edge Loops