Solidify(ソリッド化)モディファイアー

Solidify(ソリッド化) モディファイアーは、任意のメッシュの表面を取得し、それに深さ、厚さを追加します。

Options(オプション)

../../../_images/modeling_modifiers_generate_solidify_panel-simple.png

Simple(シンプル)モードのSolidify(ソリッド化)モディファイアー。

../../../_images/modeling_modifiers_generate_solidify_panel-complex.png

Complex(複雑)モードのSolidify(ソリッド化)モディファイアー。

Mode(モード)
Simple(シンプル)

これはデフォルトのソリッド化アルゴリズムであり、ジオメトリを単に押し出します。このアルゴリズムは、辺に3つ以上の隣接する面があるジオメトリでは機能しません。

重要

隣接する面の法線が同じ一般的な方向を向いていない場合、Simple(シンプル)モードではそれらの境界をソリッド化できません。これは、法線が再計算されていない場合、または例えばメビウスの帯のような片面にある場合に発生します。

Complex(複雑)

これは、多様体の出力ジオメトリを保証するためにすべてのジオメトリックな状況を処理できるソリッド化アルゴリズムです。このアルゴリズムは、メビウスの帯、クラインの壺、建築壁のレイアウトなど、 Simple(シンプル)モード では扱えない形状をソリッド化できます。特殊なケースが存在しない場合は 、追加ロジックによってこのアルゴリズムは非常に遅くなるため、 Simple(シンプル) を選択することをお勧めします。

注釈

クリースは動的に処理されるため、モディファイアータブにはクリースのオプションはありません。モディファイアーは、元のメッシュのクリースをスマートな方法で出力メッシュに転送し、 Subdivision Surface(サブディビジョンサーフェス) モディファイアーと連携します。

Thickness Mode(厚み付けモード) Complex(複雑)モード

厚み付け処理の種類(厚み付けソルバー)を選択します。

../../../_images/modeling_modifiers_generate_solidify_thickness-mode.png

非多様体メッシュのさまざまな厚み付けオプション。

Fixed(固定)

これは、Even Thickness(均一な厚さ) を使用しない Simple(シンプル)モード に似ています。新しい頂点は常に古い頂点から一定の距離にあります。

Even(均一)

これは、 Even Thickness(均一な厚さ)High Quality Normals(高品質な法線) を使用した Simple(シンプル)モード に似ています。鋭いコーナーに合わせて調整しますが、3つ以上の面が一緒になると常に機能するとは限りません。

Constraints(コンストレイント)

これは、どこでも常に最適な厚さを得ようとする、より高度なモデルです。最大3つの面について、最適なソリューションを見つけることが常に保証されています。

Boundary(境界) Complex(複雑)モード

モデルに最も適した境界の種類を選択します。

../../../_images/modeling_modifiers_generate_solidify_boundary-shape.png

MatCapを使用したさまざまなBoundary(境界)オプション。

None(なし)

境界修正は適用されません。結果は安定しています。

Round(丸め)

開口部が内側を向くように境界を調整します(卵の穴のように)。

Flat (フラット)

平面開口部の境界をフラットになるように調整します(カットされた球のように)。

Thickness(幅)

ソリッド化する深さ。

重要

モディファイアーの幅は、ローカル頂点座標を使用して計算されます。オブジェクトのスケールが不均一な場合、幅はオブジェクトのさまざまな側面で異なります。

これを修正するには、スケールを Apply(適用) または Clear(クリア) します。

Offset(オフセット)

元のメッシュの内側または外側にソリッド化した出力を配置するための(-1から1)の間の値。内側と外側は、面の法線によって決定されます。0.0に設定すると、ソリッド化した出力は元のメッシュの中央に配置されます。

Even Thickness(均一な厚さ) Simple(シンプル)モード

鋭いコーナーを調整して厚さを維持します。品質が向上することもありますが、計算時間が長くなります。

Merge Threshold(マージのしきい値) Complex(複雑)モード

この距離内にある、非多様体の形状を結合します。

Rim(ふち)
Fill(フィル)

内側と外側の辺間のギャップを埋めます。

Only Rim(ふちのみ)

Simple(シンプル)モード の場合: 元のサーフェスと平行にサーフェスを押し出すのではなく、ふちのみを垂直に追加します。

Complex(複雑)モード の場合: 生成された垂直のふちのみを残します。

注釈

ふちは元のジオメトリの境界から生成されるため、 Fill(フィル)Only Rim(ふちのみ) は、 Non-manifold オブジェクトにのみ違いをもたらします。

Vertex Group(頂点グループ)

選択した頂点グループのウェイトが Thickness(幅) に乗算されるため、ウェイトが小さい頂点の幅は薄くなります。頂点グループの一部ではない頂点は、ウェイトがゼロであるかのように使用されます。

Invert(反転)

頂点グループのウェイトを逆に、つまり、1から実際のウェイトを引いたものをウェイトとして使用します。

Factor(係数)

頂点のウェイトがどの程度考慮されるか。

  • 0.0の場合、ウェイトがゼロの頂点には幅がまったくありません。

  • 0.5の場合、ウェイトがゼロの頂点は、ウェイトが完全な頂点の半分の幅になります。

  • 1.0の場合、ウェイトは無視され、すべての頂点に Thickness(幅) の値が使用されます。

Flat Faces(面をフラットに) Complex(複雑)モード

面の頂点に割り当てられた最小の頂点のウェイトを使用して、新しい面が元の面と平行に保たれるようにします。これは遅いので、必要なければ無効にしてください。

注釈

頂点の最終的な幅がゼロの場合でも、ソリッド化されます。したがって、重複するジオメトリを作成しますが、これには特別な注意が必要な場合があります。

Normals(法線、ノーマル)

Flip Normals(法線を反転)

すべてのジオメトリ(内側の面と外側の面の両方)の法線を逆にします。

High Quality Normals(高品質な法線) Simple(シンプル)モード

法線は、より均一な幅を生成するように計算されます。品質が向上することもありますが、計算時間が長くなります。

Materials(マテリアル)

Material Offset(マテリアルインデックスオフセット)

新しいジオメトリに使用する別のマテリアルスロットインデックスを選択します。これは、ソリッド化した面の元のマテリアルからのオフセットとして適用されます。

  • 値0は、同じマテリアルを使用することを意味します。

  • 値1は、元のマテリアルのすぐ下のマテリアルを使用することを意味します。

  • 値-2は、元のマテリアルの2つ上のマテリアルを使用することを意味します。

これらは、最上部と最下部のマテリアルスロットに固定されています。

Rim(ふち)

同様に、ふち面に別のマテリアルを与えることができます。

Edge Data(辺データ)

Inner(内側) Simple(シンプル)モード

内側の辺に Crease(クリース) を付けます。

Outer(外側) Simple(シンプル)モード

外側の辺に Crease(クリース) を付けます。

Rim(ふち) Simple Mode(シンプル)モード

Rim(ふち)に Crease(クリース) を付けます。

Bevel Convex(凸部のベベル)

外側の辺に加算される、辺 ベベルウェイト

../../../_images/modeling_modifiers_generate_solidify_rims.png

Crease(クリース)をマークされる辺。

Thickness Clamp

Clamp(範囲制限)

自己交差を避けるためにオフセットを制限するための(0から2)の間の値。量は、隣接する最も短い辺の長さによって決定されます。

../../../_images/modeling_modifiers_generate_solidify_clamp.png

オフセットを制限。

Angle Clamp(角度で制限)

有効にすると、クランプは長さだけでなく、ジオメトリの角度も考慮します。

Output Vertex Groups

Shell(シェル)

生成されたシェルジオメトリが重み付けされる頂点グループ。これにより、他のモディファイアーを使用して、そのモディファイアーの頂点グループ影響コントロールを使用することによってのみシェルジオメトリに影響を与えることができます。

Rim(ふち)

Shell Vertex Group(シェルの頂点グループ) と同じですが、生成されたふちジオメトリ用です。

既知の制限

Even Thickness(均一な厚さ)

ソリッド化の幅は概算です。 Even Thickness(均一な厚さ)High Quality Normals(高品質な法線) でも良好な結果が得られるはずですが、最終的な壁の幅は保証されておらず、メッシュトポロジーによって異なる場合があります。特に、隣接する面が3つを超える頂点の場合。

すべての場合に正確な壁の幅を維持するには、オフセットシェルの面を追加/削除する必要があります。これは、多くの複雑さを追加するため、このモディファイアーでは実行されません。壁の幅を維持するための最良のオプションは、コンストレイント厚み付けモードを使用した複雑なモードですが、すべての場合に完全に機能することも保証されていません。