Individual Origins

Reference

Mode

オブジェクトモードと編集モード

ヘッダー

pivot-icon Pivot Point ‣ Individual Origins

ショートカットキー

Period

Object Modeの場合

オブジェクトの原点は、3D Viewportに小さなオレンジ色の円で表示されます。3D 空間でのそのオブジェクトの相対位置を Blender に伝えます。

原点は、ジオメトリ(メッシュなど)の中心に位置する必要はありません。オブジェクトの原点をメッシュの一方の端、または完全にメッシュの外側に配置することができます。

../../../../_images/editors_3dview_controls_pivot-point_individual-origins_rotation-around-center.png

個々の原点を中心に回転。

例えば、上の画像のオレンジ色の長方形は原点がメッシュの左端にあり、青い長方形はメッシュの中心に原点があります。

ピボットポイントが Individual Origins に設定されている場合、オブジェクトがその周りを回転またはスケールしている間、各オブジェクトの原点はその位置のまま残ります。

../../../../_images/editors_3dview_controls_pivot-point_individual-origins_objects-rotate.png

中点(右)と比較した、個々の原点(中央)を中心とした回転。

../../../../_images/editors_3dview_controls_pivot-point_individual-origins_objects-scale.png

中点(右)と比較した、個々の原点(中央)を中心としたスケール。

Edit Modeの場合

../../../../_images/editors_3dview_controls_pivot-point_individual-origins_rotation-faces.png

個々の原点(中央)と中点(右)を中心とした個々の面の回転。

../../../../_images/editors_3dview_controls_pivot-point_individual-origins_scale-individual-faces.png

個々の原点(中央)と中点(右)を中心とした非接触面のスケール。

接触している面/辺を回転やスケールをすると、それらは単一の要素として扱われ、グループの形状が維持されます。各グループは、その中点を中心に独立して変換されます。