スタートアップシーン

スプラッシュを閉じた後、他のblendファイルが読み込まれていなければ、スタートアップシーンが3D Viewportに表示されます。スタートアップシーンをカスタマイズするには、startup file の一部として保存することができます。

../../_images/editors_3dview_startup-scene_labels.png

スタートアップシーン。

要素

Cube

シーンの中央にある灰色の立方体は、Mesh オブジェクトです。立方体は選択状態になっているため、オレンジ色のアウトラインが付いて表示されます。

オブジェクトの原点

オブジェクトの原点 はオレンジ色の点で表示され、立方体の (相対的な) 位置を示します。

Light

細い線が下に伸びている円は、立方体を照らすライトです。General Settings にライトの記述があります。

Camera

上向きの大きな三角形を持つピラミッドは、レンダリング時の視点を決めるカメラです。Cycles のカメラについても参照してください。

3D Cursor

赤白の円と十字からなる 3D Cursor は、シーン内でのオブジェクトの位置決めに使用されます。

Grid Floor

床を成す灰色の正方形は、そこがワールドの高さ 0 であることを示しています。赤と緑の線は、ワールド座標系の軸です。原点で交わり、そこが 立方体 の場所になっています。Grid Floor の設定については、Viewport Overlay に記述しています。

Text Info

オーバーレイの表示と設定は Viewport Overlay で変更できます。

View Name

Viewport がカメラ視点でない場合、ビューの名前は、"User" に続いてビューポートカメラの投影法の名称で表記されます。

Playback FPS

アニメーション再生中に、1 秒あたりのフレーム数を表示します。

Object Info

括弧の中に表示されるのは現在のフレームです。その隣に アクティブオブジェクト のパスが続きます。場合に応じて、選択対象の Shape Key や、括弧 (<>) 内に現在のフレームでの マーカー 名が表示されることもあります。Object Info の色は、状態色 に従ってセットされます (Keyframe のみ) 。