ノードの配置

スナップ

Snap

ノードを移動する際のスナップモードを切り替えます。

Snap Node Element Selector

スナップするためのノードの要素は次のとおりです:

Grid(グリッド)

グリッドの背景にスナップします。

Node X

ノードの左右の境界線にスナップします。

Node Y

ノードの上下の境界線にスナップします。

Node X/Y

ノードのいずれかの境界線にスナップします。

Snap Target

ターゲットにスナップする部分です。

Closest

最も近いポイントがターゲットにスナップします。

Center(中心)

中心がターゲットにスナップします。

Median

中央値がターゲットにスナップします。

Active(アクティブ)

アクティブなターゲットにスナップします。

自動オフセット

入力と出力のソケットをそれぞれ 1 つ以上持つノードを、 2 つのノード間の既存の接続線にドロップします。すると 自動オフセット により、方向設定に応じて左または右のノードが自動的に動き、新しいノード用のスペースが設けられます。自動オフセット は、ユーザーのワークフローを中断することなく、対話的にノードレイアウトを整理するのに役立つ機能です。

../../../_images/interface_controls_nodes_arranging_auto-offset.png

自動オフセットはデフォルトで有効になっていますが、エディタのヘッダーから無効にすることができます。

ノードを移動させている間に T を押すことで、オフセットの方向を切り替えることができます。

オフセットする際の間隔は、Preferences の Editing セクション内にある、Auto-offset Margin の設定で変更することができます。