ワークスペース

ワークスペース は、基本的に定義済みのウィンドウレイアウトです。Blenderの エリア の柔軟性により、モデリングやアニメーション、スクリプトなどのさまざまなタスクに合わせてカスタマイズされたワークスペースを作成できます。多くの場合、同じファイル内の異なるワークスペースをすばやく切り替えるのに便利です。

../../_images/interface_window-system_workspaces_screen.png

ワークスペースはトップバーにあります。

制御

タブ

タブのタイトルをクリックすると、ワークスペースが切り替わります。隣のワークスペースへ移るには、Ctrl-PageUpCtrl-PageDown を使用します。ワークスペースの名前を変更するには、ダブルクリックをします。

追加 +

追加 ボタンをクリックして、新しいワークスペースを追加します。

コンテキストメニュー RMB

コンテキストメニュー(訳注: 状況に応じて内容が変わるメニュー)には、ワークスペースを複製や削除、並べ替えるためのメニューが含まれています。

デフォルトのワークスペース

Blenderのデフォルトでの起動時には、メインエリアに "Layout" ワークスペースが表示されます。このワークスペースは、シーンとオブジェクトをプレビューするための一般的なワークスペースであり、以下の エディタ が含まれています:

  • 左上に 3D View。

  • 右上に Outliner 。

  • 右下に Properties editor。

  • 左下に Timeline 。

../../_images/interface_window-system_introduction_layout-workspace.png

4 つのエディタを持つBlenderのLayoutワークスペース。

3D View (黄)、Outliner (緑)、Properties editor (青)、Timeline (赤)。

Blenderには、他のワークスペースも標準で備わっています:

Modeling

モデリングツールによるジオメトリへの変更。

Sculpting

スカルプトツールによるメッシュへの変更。

UV Editing

3Dサーフェスに対するテクスチャ座標によるマッピング。

Texture Paint

3Dビューで画像テクスチャをペイントするためのツール。

Shading

レンダリングのためのマテリアルプロパティを指定するためのツール。

Animation

オブジェクトの、時間に変化するプロパティを作成するためのツール。

Rendering

レンダリング結果の表示と分析。

Compositing

画像やレンダリング情報の合成とポストプロセス。

Scripting

スクリプトを記述するためのプログラミング用ワークスペース。

追加ワークスペース

新しいワークスペースを追加する際に選択できる、いくつかの追加ワークスペースがBlenderに同梱されています:

2D Animation

2D Animation

グリースペンシルで作業するための一般的なワークスペース。

2D Full Canvas

"2D Animation" に似た、より大きなキャンバスをもつもの。

VFX

Masking

合成用の2Dマスクを作成するツール。

Motion Tracking

フッテージのモーショントラックとスタビライズを行うツール。

Video Editing

Video Editing

メディアをまとめることによる、一本のビデオ作成。

保存と上書き

ワークスペースはblendファイルに保存されます。ファイルを開く時にファイルブラウザで Load UI を有効にすると、Blenderはファイルのレイアウトを使用し、現在のレイアウトを上書きします。Load UI を参照してください。

ワークスペースへの変更は、既定値 の一部として保存することができます。