ワークスペース

ワークスペースは、基本的に定義済みのウィンドウレイアウトです。Blenderの エリア の柔軟性により、モデリングやアニメーション、スクリプトなどのさまざまなタスクに合わせてカスタマイズされたワークスペースを作成できます。多くの場合、同じファイル内の異なるワークスペースをすばやく切り替えるのに便利です。

../../_images/interface_window-system_workspaces_screen.png

ワークスペースはトップバーにあります。

コントロール

タブ

タブのタイトルをクリックすると、ワークスペースが切り替わります。隣のワークスペースへ移るには、Ctrl-PageUpCtrl-PageDown を使用します。ワークスペースの名前を変更するには、ダブルクリックをします。

Add(追加) +

追加 ボタンをクリックして、新しいワークスペースを追加します。

コンテキストメニュー RMB

コンテキストメニュー(訳注: 状況に応じて内容が変わるメニュー)には、ワークスペースを複製や削除、並べ替えるためのメニューが含まれています。

デフォルトのワークスペース

Blenderのデフォルトでの起動時には、メインエリアに "Layout" ワークスペースが表示されます。このワークスペースは、シーンとオブジェクトをプレビューするための一般的なワークスペースであり、以下の Editors(エディター) が含まれています:

  • 左上に 3D Viewport。

  • 右上に Outliner 。

  • 右下に Properties。

  • 左下に Timeline 。

../../_images/interface_window-system_workspaces_layout.png

4 つのエディタを持つBlenderのLayoutワークスペース。

3D Viewport (黄)、Outliner (緑)、Properties (青)、Timeline (赤)。

Blenderには、他のワークスペースも標準で備わっています:

モデリング

モデリングツールによるジオメトリへの変更。

Sculpting

スカルプトツールによるメッシュへの変更。

UV Editing

For mapping of image texture coordinates to 3D surfaces.

Texture Paint

For coloring image textures in the 3D Viewport.

Shading(シェーディング)

For specifying material properties for rendering.

Animation(アニメーション)

For making properties of objects dependent on time.

レンダリング

レンダリング結果の表示と分析。

Compositing

For combining and post-processing of images and rendering information.

Geometry Nodes

Geometry Nodes 使用した手続き型モデリング用

Scripting

For interacting with Blender's Python API and writing scripts.

追加ワークスペース

新しいワークスペースを追加する際に選択できる、いくつかの追加ワークスペースがBlenderに同梱されています:

2D Animation

2D Animation

グリースペンシルで作業するための一般的なワークスペース。

2D Full Canvas

"2D Animation" に似た、より大きなキャンバスをもつもの。

VFX

Masking

For creating 2D masks for compositing or video editing.

Motion Tracking

For calculation camera motion and stabilizing video footage.

Video Editing

Video Editing

For sequencing together media into one video.

保存と上書き

ワークスペースはblendファイルに保存されます。ファイルを開く時にファイルブラウザで Load UI を有効にすると、Blenderはファイルのレイアウトを使用し、現在のレイアウトを上書きします。Load UI を参照してください。

ワークスペースへの変更は、Defaults(デフォルト) の一部として保存することができます。

ワークスペースの設定

参照

Editor(エディター)

Properties(プロパティ)

Menu(メニュー)

Active Tool and Workspace Settings ‣ Workspace

Mode(モード)

ワークスペースをアクティブ化するときに、この モード に切り替えます。

Filter Add-ons

アクティブなワークスペースで有効になっている アドオン をフィルタリングします。ヘッダーのチェックボックスを維持することにより、すべてのグローバルアドオンを有効にでき、チェックボックスを有効にすると、リストからアドオンを個別に有効にできます。