選択

Blenderのデフォルトでは、LMB を使用してBlenderウィンドウ内のアイテムを選択します。PreferencesRMB を代わりに使用することもできます。Blender には、さまざまなエディターで使用できるいくつかの選択ツールがあります。

選択ツール

Tweak

参照

ショートカットキー

LMB

アイテムをクリックするとアイテムが選択され、修飾キーを使用して他の操作を実行できます。選択を維持して、3D ViewportのオブジェクトやAnimation Editorのキーフレームなどのインタラクティブなアイテム上でマウスを動かすと、通常、マウスとともにアイテムが移動します。

Box Select

参照

Menu

Select ‣ Box Select

ショートカットキー

B

B を押すか LMB のドラッグで有効になります。Select Box モードでは、 LMB を押したまま長方形を描きます。その長方形に一部でも含まれるものは全て選択状態になります。直前にアクティブな選択状態だったものは、実行後もアクティブな選択となります。

アイテムの選択を解除するには、 MMB または Shift-LMB を使用します。選択領域を移動するには、カーソルを動かしながら Ctrl-Spacebar 押し続けます。

Box Selectの例。
../_images/interface_selecting_border-select1.png

スタート。

../_images/interface_selecting_border-select2.png

選択中。

../_images/interface_selecting_border-select3.png

完了。

Circle Select

参照

Menu

Select ‣ Circle Select

ショートカットキー

C

Circle Select C で、円の領域内のアイテムを複数選択できます。LMB を押しながら、マウスで円の領域 (点線の円で表示) がアイテムの上を通るように動かすことで、アイテムを選択できます。同様に MMB を使用して選択を解除できます。選択を終了するには RMB または Esc を押してください。円の直径を変更するには Wheel を回すか、NumpadPlusNumpadMinus を押します。

Circle Selectの例。
../_images/interface_selecting_circle-select1.png

スタート。

../_images/interface_selecting_circle-select2.png

選択中。

../_images/interface_selecting_circle-select3.png

ドラッグ中。

注釈

Object Mode では、 Circle Select は、オブジェクトの原点に対して動作します。

Lasso Select

参照

ショートカットキー

Ctrl-RMB

Lasso Select は、自由な形状での選択を可能にします。Ctrl-RMB を押しながら、選択したいアイテムの周りに点線を引きます。 描画した図形は、現在位置から開始点へ向かって線が繋がり、自動的に閉じた形状になります。

Lasso Select では、直前の選択状態への追加が行われます。選択を解除するには Shift-Ctrl-RMB を使用します。選択領域を移動するには、 Ctrl-Spacebar を押しながらカーソルを動かします。

頂点選択モード での Lasso Select tool 使用例。
../_images/interface_selecting_lasso-select1.png

スタート。

../_images/interface_selecting_lasso-select2.png

選択中。

../_images/interface_selecting_lasso-select3.png

完了。

注釈

Object Mode では、 Lasso Select は、オブジェクトの原点に対して動作します。

モード選択

参照

Tool

Select Tools

パネル

Tool Settings ‣ Mode

各ツールには、既存の選択への作用が異なる複数のモードがあります。すべての選択ツールがこれらの各モードをサポートしているわけではないことに注意してください。

Set

既存の選択を無視して新しい選択を設定します。

Extend

既存の選択に、新しいアイテムの選択を追加します。Shift-LMB を使用することでも、選択を追加できます。

Subtract

既存の選択から新しく選択したアイテムを除去します。選択済みアイテムへの Shift-LMB でも除去できます。

Invert

選択されていなかったアイテムを選択し、選択されていたアイテムを選択解除します。Ctrl-I でも選択の反転ができます。

Intersect

既存の選択と交差するアイテムのみを選択状態にします。