Scene Properties

Scene

Reference

パネル

Properties ‣ Scene ‣ Scene

Camera

アクティブなカメラとして使用するカメラを選択するために使用します。3D Viewportで Ctrl-Numpad0 を使用して、アクティブなカメラを設定することもできます。

Background Scene

シーンを背景として使用できます。これは例えば、背景の要素に邪魔されることなく、前景のアニメーション化に集中したい場合に役に立ちます。

このシーンには独自のアニメーション、物理シミュレーションなどを含めることができますが、そのコンテンツのいずれかを編集する場合は、Scene データブロックメニューでそのシーンを選択する必要があります。

Sets can themselves have a background set (they're recursively included). So you can always make additions to existing scenes by using them as a background to a newly created scene where your additions are made.

ちなみに

This can also be used in combination with Linking to a Scene, where one blend-file contains the environment, which can be reused in many places.

Active Clip

Active movie clip for constraints and viewport display.

単位

Reference

パネル

Properties ‣ Scene ‣ Units

Unit System
None

現実世界とは関係のない単位を使用します。実際には、これは単位名がないだけの メートル法 と同じです。

Metric

このシーンではメートル法を使用します。

Imperial

このシーンでは、帝国単位系を使用します。

Unit Scale

内部の単位とユーザーインターフェイスに表示される値の間で変換するときに使用するスケール係数。これは、微視的または天文学的スケールでモデリングするときに変更できます。

注釈

この係数は、ユーザーインターフェイスに表示される値にのみ影響し、内部動作には影響しません。たとえば、物理シミュレーションでは Unit Scale は考慮されません。

Separate Units

メートル法 または 帝国単位系 を使用する場合は、プロパティを複数の値として表示します。たとえば、 2.285m2m 28.5cm になります。

Rotation
Degrees (度)

ユーザーインターフェイスで、角度に度を使用します。

Radians (ラジアン)

ユーザーインターフェイスで、角度にラジアンを使用します。

Length
Adaptive

特定の値に使用される単位は、値の大きさによって異なります。例えば、ある値は 23cm と表示され、別の値は 10km と表示されます。

Meters/Centimeters/Feet/...

ユーザーインターフェイスで、すべての長さに固定の単位が使用されます。

Mass

Length を参照してください。

Time

Length を参照してください。

Temperature (温度)

Length を参照してください。

帝国単位系での長さの単位

名称

省略形

メートルでの長さ

サウ

mil

0.0000254

インチ

", in

0.0254

フィート

', ft

0.3048

ヤード

yd

0.9144

チェーン

ch

20.1168

ハロン

fur

201.168

マイル

mi, m

1609.344

メートル法での長さの単位

名称

省略形

メートルでの長さ

マイクロメートル

um

0.000001

ミリメートル

mm

0.001

センチメートル

cm

0.01

デシメートル

dm

0.1

メートル

m

1.0

デカメートル

dam

10.0

ヘクトメートル

hm

100.0

キロメートル

km

1000.0

Gravity

Reference

パネル

Properties ‣ Scene ‣ Gravity

物理効果で使用されるグローバル重力を制御するオプション。

詳細については Physics chapter を参照してください。

Keying Sets

Reference

パネル

Properties ‣ Scene ‣ Keying Sets

Keying Sets を参照してください。

Audio

Reference

パネル

Properties ‣ Scene ‣ Audio

グローバルオーディオ設定を制御するオプション。Blender内からサウンドを再生する方法を制御するには、 Preferences のオーディオ設定を参照してください。

Volume

シーンでのボリューム。

Distance Model

距離に基づいて音の減衰を計算する方法を変更します。最も物理的に正しいのは Inverse モデルですが、linear や exponent 減衰を選択することもできます。clamped モードでは、ボリュームの上限が100% (1.0)になります。つまり、距離が参照距離よりも小さい場合、ボリュームは常に100%になります。各オプションの正確な説明については、 OpenALのドキュメント を参照してください。

Doppler Speed

ドップラー効果の計算に使用する音速です。通常の値は、空気中では343.3 m/s で、例えば水中では約1560 m/sです。

Doppler Factor

ドップラー効果の強さを制御します。ピッチの変化を誇張したり控えめにしたりすることはできますが、物理的に正しいのは 1.0 です。

Update Animation Cache

オーディオアニメーションキャッシュを更新します。これは、オーディオのアーティファクトに気になりだした場合に役立ちます。

Rigid Body World

Reference

パネル

Properties ‣ Scene ‣ Rigid Body World

リジッドボディワールド は、このシミュレーションですべてのリジッドボディに適用する設定を保持している、リジッドボディオブジェクトのグループです。

詳細は Rigid Body World を参照してください。