カメラビュー

../../../_images/editors_3dview_navigate_camera-view_example.png

Camera View のようす。

Camera View は、アクティブカメラの視点から、現在のシーンを表示します。

Camera View を使用することでショットが仮想的に構成され、レンダリングでシーンがどのように見えるかをプレビューできます。点線の内側にあるものがレンダリング画像に含まれます。

参考

カメラ設定が表示とレンダリングへどのように影響するかは Camera Settings を参照してください。

ヒント

Camera View になっている状態でのアクティブカメラの選択は、(オブジェクトが非表示になっていない場合は) カメラのフレーム部分で行います。

アクティブカメラからのビュー

Reference

Mode

全てのモード

Menu

View ‣ Cameras ‣ Active Camera

ショートカットキー

Numpad0

ビューをアクティブカメラ視点へ切り替えます。アクティブなカメラは、上の三角形が塗りつぶされます。

アクティブカメラを設定

Reference

Mode

Object Mode

Menu

View ‣ Cameras ‣ Set Active Object as Camera

ショートカットキー

Ctrl-Numpad0

../../../_images/editors_3dview_navigate_camera-view_cameras.png

アクティブカメラ (左) は、上の三角形が塗りつぶされて表示されます。

そのカメラが、その時のレンダリングとカメラ視点のビューに使用されます。

この操作により、アクティブなオブジェクトがアクティブカメラとしてセットされ、Camera View への切り替えが行われます。

アクティブカメラは、PropertiesScene タブ内で設定することもできます。

注釈

アクティブカメラはレイヤーと同様に、特定のビューで個別に指定することも、シーン全体で共通 (固定) にすることもできます。Local Camera を参照してください。

カメラの切り替えアニメーション

デフォルトでは、シーンには 1 つのカメラがあります。シーンに複数のカメラを含めることができますが、一度に使用できるのはそのうちの 1 つだけです。つまり、複数のカメラでカットを切り替えるには、単に新しいカメラを作成してください。Animating Cameras を参照してください。

Frame Camera Bounds

Reference

Mode

全てのモード

Menu

View ‣ Cameras ‣ Frame Camera Bounds

ショートカットキー

Home

カメラビューを3D Viewportの画面領域の中央に配置し、領域の境界内に収まるようにビューのサイズを変更します。

カメラのナビゲート

シーン内でカメラを配置、操作する方法はいくつかありますが、その一部を以下で説明します。

このビューではズームインとズームアウトが可能ですが、視点を変更するには、カメラを移動または回転させる必要があります。

ヒント

どんな種類のオブジェクトでも、アクティブな「カメラ」になることができます。つまり、これらのアクションにより、例えばライトを配置して方向を変えることができます。

アクティブカメラをビューへ移動

Reference

Mode

Object Mode

ショートカットキー

Ctrl-Alt-Numpad0

通常の (Camera View でない) ビューにアクティブカメラを一致させます。カメラの配置を決める際に、オブジェクトへの移動操作を直接行う必要がないので便利です。

Camera View の位置取り

Sidebar 領域 の View パネルで Lock Camera to View を有効にすると、Camera View になっている間、それを維持しながら 3D Viewport をナビゲートできます。ナビゲート方法は、通常の 3D Viewport での方法と同じです。

参考

一人称視点をナビゲートする Fly/Walk Navigation で、アクティブカメラを動かすこともできます。

Roll、Pan、Dolly、および Track

これらのカメラ移動を実行するには、変換操作が適用されるように、最初にカメラを 選択 する必要があります。次のアクションも、カメラビューにいることを前提としています。これで、オブジェクトの変換に使用されるのと同じツールを使用してカメラを操作できるようになります。

Roll

R を押してオブジェクトの回転モードに入ります。デフォルトでは、カメラのローカル Z 軸 (Camera View に直交する軸) で回転します。この動きをカメラの "Roll" と呼びます。

Vertical Pan または Pitch

これは単に、ローカル X 軸での回転です。R で回転モードに入ってから X を 2 回押します。(1 回目が Global 軸の選択となり、同じ文字を 2 回目に押すことで Local 軸の選択となります。これはどの軸に対しても同様です。Axis Locking (軸の拘束) のページ を参照してください) 。

Horizontal Pan または Yaw

これは、カメラのローカル Y 軸を中心とした回転に対応します。R の後に Y を 2 回押します。

Dolly

カメラを Dolly するには、G を押した後に、MMB (または 2 回の Z) を押します。

Sideways Tracking

G を押してからマウスを動かします (2 回の X または Y で純粋な水平/垂直の Sideways Tracking が可能です) 。