Instance on Points(ポイントにインスタンス作成)ノード

Instance on Points(ポイントにインスタンス作成)ノード。

Instance on Points(ポイントにインスタンス作成) ノードは、入力ジオメトリに存在する各ポイントにジオメトリへの参照を追加します。インスタンスは、基になるデータを複製することなく、シーンに何度も同じジオメトリを追加する高速な方法です。このノードは、メッシュ、ポイントクラウド、カーブ制御点など、 Point(ポイント) ドメインを持つすべてのジオメトリタイプで機能します。

Geometry(ジオメトリ) 入力からのポイントの属性は、生成されたインスタンスのインスタンスドメインで使用できます。

Tip

Make Instances Real(インスタンスを実体化) オペレータを使用して、このノードで生成されたインスタンスからオブジェクトを作成できます。

注釈

ライトオブジェクトなど、ジオメトリを含まないオブジェクトタイプをインスタンス化するには、 Object Info(オブジェクト情報)ノード を使用できます。 Metaball(メタボール) オブジェクトなどの他のオブジェクトは、インスタンス化はサポートされません。

入力

Geometry(ジオメトリ)

標準のジオメトリ入力です。このジオメトリのポイントの位置は、各インスタンス出力のトランスフォームに影響します。

注釈

入力ジオメトリにインスタンスが含まれている場合、ノードはインスタンス内のポイントにさらにインスタンスを作成し、 ネストしたインスタンス化 を作成します。この場合、新しいインスタンスごとに、 Rotation(回転) および、Scale(スケール) 入力からノードによって作成されたトランスフォーム変換がありますが、親インスタンスに基づいてトランスフォーム変換 行われます。

Selection(選択)

各ポイントでインスタンス化するかどうか。True値はインスタンスがポイントで生成されることを意味し、False値はポイントがスキップされることを意味します。

Instance(インスタンス)

選択した各ポイントでインスタンス化するジオメトリ。これには、実際のジオメトリや複数のインスタンスを含めることができ、 Pick Instance(インスタンス選択) オプションと組み合わせると便利です。

Pick Instances(インスタンス選択)

有効にすると、すべてのポイントの Instance(インスタンス) 入力からジオメトリ全体を追加する代わりに、 Instance Index(インスタンスインデックス) 入力に基づいてジオメトリのインスタンスリストからインスタンスを選択します。このオプションは、 Collection Info(コレクション情報)ノード で使用することを意図しています。

Instance Index(インスタンスインデックス)

Pick Instances(インスタンス選択) がTrueの場合にのみ使用される、選択されたすべてのポイントのインデックスの選択。デフォルトでは、ポイント ID が使用されます。存在しない場合は Index(インデックス) が使用されます。負の値や大きすぎる値は、インスタンスリストの反対側に折り返されます。

Rotation(回転)

すべてのインスタンスの Euler(オイラー) 回転。これは、 Distribute Points on Faces(面にポイント配置)Curve to Points(カーブからポイントへ) などのノードの回転出力を使用できます。オイラー回転は、 Align Euler to Vector Node を使用して Normal(ノーマル) のような方向ベクトルから作成することもできます。

Scale(スケール)

生成される各インスタンスのサイズ。

Properties(プロパティ)

このノードにはプロパティがありません。

出力

Geometry(ジオメトリ)

標準のジオメトリ出力です。 id 属性が入力ジオメトリに存在する場合、結果インスタンスにコピーされます。