コンテキストビュー

3D Viewport には、特有の 3D Viewport として設定できるいくつかの「コンテキストビュー」モードがあります。それらのビューにより、3D Viewport 全体の見た目や、オブジェクトとの関係が変化します。

Quad View

Reference

Mode

全てのモード

Menu

View ‣ Area ‣ Toggle Quad View

ショートカットキー

Ctrl-Alt-Q

Quad View へ切り替えると、3D Viewport が 4 つのビューに分割され、3 つの Orthographic "Side View" と 1 つの Camera/User View が表示されます。このビューを使用することで、即座に多数の視点からモデルを確認できます。この構成では、各ビューを個別にズームや平行移動できますが、ビューを回転させることはできません。

注釈

Quad View は、エリアの分割 や、手動でのビューの配置とは無縁です。Quad View では、4 つのビューは 1 つの 3D Viewport の一部です。したがって、同じ表示オプションとレイヤーを共有します。

../../../_images/editors_3dview_navigate_views_quad.png

Quad View。

Options

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Sidebar ‣ View ‣ Quad View

Lock

各ビューを回転できるようにするには、オプションのチェックを外します。

Box

Side View 間でビューの位置を同期させます。(Lock が有効である必要があります。)

Clip

他の Side View での可視状態に基づいて、オブジェクトをクリップします。(Box が有効である必要があります。)