Add Icosphere

参照

Mode

オブジェクトモードと編集モード

Tool

Toolbar ‣ Add Icosphere

ICO球メッシュオブジェクト をインタラクティブに追加します。

使用方法

このツールは、最初に LMB を押しながらドラッグしてオブジェクトのベースを定義します。次に LMB を放し、ドラッグしてオブジェクトの高さを定義します。最後にもう一度 LMB を押して、オブジェクトの形状を確定します。

以下のホットキーを使用して、オブジェクトに制約をつけることもできます。

Ctrl

スナップのオンとオフを切り替えます。

Alt

Origin 設定をデフォルト以外に切り替えます。

Shift

Aspect 設定をデフォルト以外に切り替えます。

ツールセッティング

Depth

カーソルを配置するときに使用される初期の深さ。

Surface

フォールバックとして3D カーソルを使用して、表面に配置を開始します。

Cursor Plane

3D カーソル位置で方向軸に投影された点を使用して配置を開始します。

Cursor View

3D カーソル位置のビュープレーンに投影された点を使用して配置を開始します。

Orientation

オブジェクトを配置するときのカーソルの配置。ベースの向きを定義します。

Surface

Transform Orientations をフォールバックとして使用して、表面方向を使用してオブジェクトを整列します。

Default

デフォルトの Transform Orientations を使用してオブジェクトを位置合わせします。

Snap To

スナップ 中に使用するターゲット。

Geometry

すべてのタイプのジオメトリ(頂点、辺、および面)にスナップします。

Default

グローバルな スナップ コントロールに定義されたスナップターゲットにスナップします。

Plane Axis

ベース領域の配置に使用される軸。

X

ベース領域を配置に、X軸を使います。

Y

ベース領域を配置に、Y軸を使います。

Z

ベース領域を配置に、Z軸を使います。

Auto Axis

オブジェクト(サーフェスをオーバーライド)配置時に一番近い軸を選択します。

Base (ベース)

Origin

ベースの初期位置。

Edge

最初にオブジェクトの辺を配置し、最初の辺から隣接する辺までの距離を指定して、ベースのサイズを定義します。

Center

最初にオブジェクトの中心を配置し、ベースの中心から周囲までの距離を指定して、ベースのサイズを定義します。

Aspect

オブジェクトのベースのアスペクトに関する初期設定です。

Free

制約のないアスペクトを使用して、ベースの長さと幅を描画します。

Fixed

ベースの長さと幅を 1:1 のアスペクト比で描画します。

Height (高さ)

Origin

高さの初期位置。

Edge

最初にオブジェクトの辺を配置し、最初の辺から隣接する辺までの距離を指定して、高さのサイズを定義します。

Center

最初にオブジェクトの中心を配置し、ベースの中心から周囲までの距離を指定して、高さのサイズを定義します。

Aspect

オブジェクトの高さのアスペクトに関する初期設定。

Free

制約のないアスペクトを使用して、高さの長さと幅を描画します。

Fixed

高さの長さと幅を 1:1 のアスペクト比で描画します。

Subdivisions

球を定めるのに使用される頂点の数。レベル1 では、ICO球は20個の正三角形の面を持つ立体、正二十面体です。細分化の数が増えるたびに、各三角形の面が4つの三角形に分割されます。

注釈

ICO球を細分化すると、回数が少なくても、頂点の数が非常に速く増加します(10回で5,242,880個の三角形が作成されます)。このような密度の高いメッシュを追加すると、プログラムがクラッシュすることは確実です。