選択

選択により、アクションのターゲットとなる要素が決まります。選択は、現在のシーンに表示されているオブジェクトに対して実施できます。Blenderには、 Object ModeEdit Mode の両方に、高度な選択方法があります。

選択とアクティブなオブジェクト

Blenderは、2つの異なる選択状態を区別します:

../../_images/scene-layout_object_selecting_color.png

アクティブなオブジェクトは黄色、選択されたオブジェクトはオレンジ色、選択されていないオブジェクトは黒色です。

Object Mode では、最後に選択された(選択解除された)項目は、"アクティブなオブジェクト" と呼ばれ、黄色のアウトラインで表示されています(他はオレンジ色です)。アクティブなオブジェクトは常に最大で1つです。

Blenderの多くのアクションは、アクティブなオブジェクトを参照として使用します(例えば、リンク操作)。すでに選択されているオブジェクトがあり、別のオブジェクトをアクティブにする必要がある場合は、 Shift-LMB を使用して再選択します。

選択された他のすべてのオブジェクトは、選択されただけです。オブジェクトはいくつでも選択できます。選択したすべてのオブジェクト(ボーンやシーケンサーストリップ)に対して、プロパティを変更したり、操作を実行したりするには、 Alt を押しながら実施します。

Select Menu

All

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Select ‣ All

ショートカットキー

A

すべての選択可能なオブジェクトを選択します。

None

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Select ‣ None

ショートカットキー

Alt-A

すべてのオブジェクトの選択を解除しますが、アクティブなオブジェクトはアクティブなままです。

Invert

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Select ‣ Invert

ショートカットキー

Ctrl-I

すべての表示されているオブジェクトの選択状態を反転します。

Box Select

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Select ‣ Box Select

ショートカットキー

B

Interactive box selection

Circle Select

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Select ‣ Circle Select

ショートカットキー

C

Interactive circle selection.

Select All by Type

Reference

Mode

Object Mode

Menu

Select ‣ Select All by Type

このツールを使用すると、特定のタイプのオブジェクトを一度に選択することができます。すべてのオブジェクトタイプの説明については Object Types を参照してください。

Select Active Camera

Reference

Mode

Object Mode

Menu

Select ‣ Select Active Camera

アクティブなカメラを選択します。これは複雑なシーンで特に便利です。

Select Mirror

Reference

Mode

全てのモード

Menu

Select ‣ Select Mirror

例えば、"sword.L" や "sword.R" などの名前に基づいて、選択したオブジェクトのミラーオブジェクトを選択します。

Select Random

Reference

Mode

Object Mode

Menu

Select ‣ Select Random

パーセンテージに基づいて、選択されていないオブジェクトをランダムに選択します。パーセンテージは、 Adjust Last Operation パネルで変更できます。パーセンテージは、選択されていないオブジェクトが選択される可能性であり、選択されるオブジェクトのパーセンテージ量ではないことに注意することが重要です。

Select More/Less

Reference

Mode

Object Mode

Menu

Select ‣ More/Less

ショートカットキー

Ctrl-NumpadPlus, Ctrl-NumpadMinus

階層に基づいて選択することを目的としています。

More

選択範囲を、選択しているオブジェクトの直接の親と子に広げます。

Less

対照的に、親/子関係の境界でオブジェクトの選択を解除します。

Parent

現在選択されているオブジェクトの選択を解除し、それらの直接の親を選択します。

Child

現在選択されているオブジェクトの選択を解除し、それらの直接の子を選択します。

Extend Parent

現在選択されているオブジェクトの直接の親に、選択を広げます。

Extend Child

現在選択されているオブジェクトの直接の子に、選択を広げます。

Select Grouped

Reference

Mode

Object Mode

Menu

Select ‣ Select Grouped

ショートカットキー

Shift-G

There are two ways to organize the objects in relation to one another. The first one is parenting, and the second is simple grouping. These relationships to an artist's advantage by selecting members of respective families or groups. Select Grouped uses the active object as a basis to select all others.

アクティブなオブジェクトのすべての階層的な子孫を選択します。

直接の子

アクティブなオブジェクトのすべての直接の子を選択します。

Parent

このオブジェクトの親がある場合は、その親を選択します。

兄弟

アクティブなオブジェクトと同じ親を持つオブジェクトを選択します。これを使用して、すべてのルートレベルオブジェクト(親のないオブジェクト)を選択することもできます。

Type

アクティブなオブジェクトと同じタイプのオブジェクトを選択します。

Collection

アクティブなオブジェクトと同じコレクションにあるすべてのオブジェクトを選択します。アクティブなオブジェクトが複数のコレクションに属している場合は、リストがポップアップ表示され、コレクションを選択できます。

Object Hooks

Every hook that belongs to the active object.

Pass

同じ Render Pass に割り当てられているオブジェクトを選択します。

Color

同じ Object Color のオブジェクトを選択します。

Keying Set

アクティブな Keying Set に含まれているオブジェクトを選択します。

Light Type

ライトタイプが一致するオブジェクトを選択します。

Select Linked

Reference

Mode

Object Mode

Menu

Select ‣ Select Linked

ショートカットキー

Shift-L

アクティブなオブジェクトと共通のデータブロックを共有するすべてのオブジェクトを選択します。 Select Linked は、他のすべてを選択するために、アクティブオブジェクトをベースとして使用してします。

オブジェクトデータ

同じオブジェクトデータ、つまり、オブジェクトのタイプ(メッシュ、カーブなど)とビルド(頂点、制御頂点、空間内のどこにあるかなどの構成要素)を指定するデータブロックにリンクされているすべてのオブジェクトを選択します。

Material

同じマテリアルデータブロックにリンクされているすべてのオブジェクトを選択します。

Instanced Collection

コレクションのインスタンスにリンクされているすべてのオブジェクトを選択します。

Texture (テクスチャ)

同じテクスチャデータブロックにリンクされているすべてのオブジェクトを選択します。

Particle System (パーティクルシステム)

同じ パーティクルシステム を使用するすべてのオブジェクトを選択します。

ライブラリー

同じ Library にあるすべてのオブジェクトを選択します。

Library (Object Data)

同じ Library にあり、 オブジェクトデータ に限定されているすべてのオブジェクトを選択します。

Select Pattern

Reference

Mode

Object Mode

Menu

Select ‣ Select Pattern...

指定のパターンに一致する名前のオブジェクトすべてを選択します。サポートされているワイルドカード:* はすべてに一致、? は任意の1文字に一致、[abc]は "abc" 内の文字に一致、[!abc]は "abc" に含まれない任意の文字に一致します。例えば、*house* は "house" を含む名前に一致し、floor* は "floor" で始まる任意の名前に一致します。

Case Sensitive

大文字と小文字を区別してマッチングするかどうかを選択できます。

Extend

Extend チェックボックスをオンにすると、新しく選択する代わりに、選択対象が広げられます。