Move(移動), Rotate(回転), Scale(スケール)

参照

Mode(モード)

Edit Mode(編集モード)

Tool(ツール)

Toolbar(ツールバー) ‣ Move(移動), Rotate(回転), Scale(スケール)

Menu(メニュー)

Mesh(メッシュ) ‣ Transform(トランスフォーム) ‣ Move(移動), Rotate(回転), Scale(スケール)

ショートカットキー

G, R, S

1つまたは複数の要素を選択したら、 3D空間での操作 セクションで説明されているように、Blenderの他の多くの要素と同様に、要素を Move(移動) G 、 Rotate(回転) R 、 Scale(スケール) S できます。選択したコンポーネントを移動、回転、スケールするために、 Move(移動)Rotate(回転)Scale(スケール) ボタンや、 トランスフォーム ギズモ 、またはショートカット: G, R, S を使います。

選択範囲を移動した後、 Adjust Last Operation パネルのオプションを使用すると、変更を微調整したり、効果を特定の軸に制限したり、Proportional Editing(プロポーショナル編集)のオンとオフを切り替えたりできます。もちろん、特定のタイプの要素を移動する場合(例えば、辺など)、他の種類の暗黙的に関連する要素(例えば、頂点や面など)も変更します。

G を2度押すと、選択しているものに応じて、 Edge Slide(辺をスライド) ツールや Vertex Slide(頂点スライド) ツールになります。また、 Edit Mode(編集) において、基本的な編集を行うときに利用できる追加のオプション( Proportional Editing(プロポーショナル編集) )があります。

Transform(トランスフォーム) パネル

参照

Mode(モード)

Edit Mode(編集モード)

Panel(パネル)

Sidebar(サイドバー)領域 ‣ Transform(トランスフォーム)

何も選択されていないときには、パネルは空の状態です。複数の頂点が選択されているときには、中央値(メディアン)の編集状態となり、ラベルに "Median" と表示されます。

Vertex(頂点)

最初のコントロールにある(X, Y, Z)は、選択中の頂点、または中央値の座標を示します。

Space(スペース)

Space(スペース)ラジオボタンにて、座標をオブジェクト原点(ローカル)とするか、グローバル原点(global)とするかを選択することができます。

Global(グローバル), Local(ローカル)

Vertex Data(頂点データ)

Bevel Weight(ベベルウェイト)

この頂点プロパティーは、(0.0から1.0)の値を持ち、Bevel Modifier(ベベルモディファイアー) によって頂点のベベル値(Bevel intensity)を調整するために使用されます( Only Vertices(頂点のみ) オプションがアクティブになっているとき)。

Edge Data(辺データ)

辺が選択されているときには、以下のオプションが利用可能で、ボタンが追加で表示されます:

Bevel Weight(ベベルウェイト)

この辺プロパティーは、(0.0から1.0)の値を持ち、Bevel Modifier(ベベルモディファイアー) によって辺のベベル値(Bevel intensity)を調整するために使用されます。

このプロパティは、 Edge Bevel Weight オペレーターを使用して設定することもできます。

Crease(クリース)

この辺プロパティーは、(0.0から1.0)の値を持ち、 Subdivision Surface Modifier によって細分化されたメッシュの辺のシャープを調整するために使用されます。