移動・回転・スケール

Reference

Mode

Edit Mode

Tool

Toolbar ‣ Move, Rotate, Scale

Menu

Mesh ‣ Transform ‣ Move, Rotate, Scale

ショートカットキー

G, R, S

Once you have a selection of one or more elements, you can move G, rotate R or scale S them, like many other things in Blender, as described in the Manipulation in 3D Space section. To move, rotate and scale selected components, either use the Move, Rotate, and Scale buttons, the transform gizmos, or the shortcuts: G, R, and S respectively.

After moving a selection, the options in the Adjust Last Operation panel allow you to fine-tune your changes, limit the effect to certain axes, turn Proportional Editing on and off, etc. Of course, when you move an element of a given type (e.g. an edge), you also modify the implicitly related elements of other kinds (e.g. vertices and faces).

Pressing G twice enters either Edge Slide or Vertex Slide tool depending on the selection. You also have in Edit Mode an extra option when using these basic manipulations: the Proportional Editing.

Transform Panel

Reference

Mode

Edit Mode

パネル

サイドバー領域 ‣ Transform

何も選択されていないときには、パネルは空の状態です。複数の頂点が選択されているときには、中央値(メディアン)の編集状態となり、ラベルに"Median"と表示されます。

Vertex

最初のコントロールにある(X, Y, Z)は、選択中の頂点、または中央値の座標を示します。

Space (スペース)

Spaceラジオボタンにて、座標をオブジェクト原点(ローカル)とするか、グローバル原点(global)とするかを選択することができます。

Global, Local

Vertex Data

Bevel Weight

この頂点プロパティーは、(0.0から1.0)の値を持ち、Bevel Modifier によって頂点のベベル値(Bevel intensity)を調整するために使用されます (Only Verticesオプションがアクティブになっているとき)。

Edge Data

辺が選択されているときには、以下のオプションが利用可能で、ボタンが追加で表示されます:

Bevel Weight

Edge bevel weight を参照ください。

Crease

辺の crease の値。