ヘルプシステム

Blenderには、さまざまな組み込みおよびオンラインのヘルプオプションがあります。

Tooltips(ツールチップ)

../_images/getting-started_help_tooltip.png

Info(情報)エディタのレンダー選択のツールチップです。

ボタンか設定の上にマウスを置いてしばらく待つとツールチップが出ます。

要素

状況依存ツールチップには次の要素が含まれている場合があります:

簡単な説明

コントロールに応じた、関連する詳細です。

ショートカットキー

ツールに関連付けられたキーボードショートカットキーかマウスボタンです。

Value(値)

プロパティの値です。

ライブラリ

アクティブオブジェクトのソースファイルです。Linked Libraries も参照してください。

無効 (赤)

値を変更できない理由です。

Python

Python Tooltips(Pythonツールチップを表示) を有効にしていれば、スクリプティング に役立つ Python のエクスプレッション (通常はオペレータまたはプロパティ) が表示されます。

状況依存マニュアルアクセス

参照

Mode

全てのモード

Menu

Context menu(コンテクストメニュー) ‣ Online Manual(オンラインマニュアル)

ショートカットキー

Alt-F1

Blender内からツールかエリアのヘルプにアクセスしたい場合があるかもしれません。

ショートカットキーかコンテキストメニューを使えばこのリファレンスマニュアルのページにアクセスできます。マウスカーソル下のボタンに関するページが開かれます。ツールや値ボタンにも対応しています。

注釈

まだ100%カバーされていなので、マニュアルへのリンクが存在しない場合はインフォヘッダーへアラートが出ます。

また、ボタンはドキュメントのより一般的なセクションにリンクされることがあります。

Help(ヘルプ) メニュー

Save System Info(システム情報を保存)

システム情報を取り出します。システム構成の検査や問題の診断など、バグ報告などで役立ちます。

system-info.txt というファイルを保存するよう求められます。

テキストファイルには次のセクションがあります:

Blender

このセクションではBlenderのバージョン情報、ビルドコンフィグレーションとBlenderのパスが表示されます。

Python

使っているPythonバージョンや、Pythonプログラミング言語のパスが表示されます。

Directories

スクリプト、データファイル、プリセットと一時ファイルのパスが表示されます。

これらのディレクトリは Preferences(プリファレンス) エディタを使用して設定されたものです。

OpenGL

このセクションではOpenGLのバージョン、製造元の名前とハードウェア、ドライバーの機能が表示されます。

Enabled Add-Ons:

現在使用しているアドオンのリストです。