スポイト

スポイト (ピペットアイコン) を使用すると、Blenderウィンドウのどこからでも採色することができます。スポイトは、以下の異なる種類のデータ選択に使用できます:

Color

これは最も一般的な用途であり、スポイトはBlender内のどこからでもピクセルの色を採取するために使用されます。

注釈

The View Transform of the color management affects the color. In order to get consistent results, it should be set to Standard. If it's set to any other option, the eyedropper may return an inaccurate color.

Color Ramp

ウィンドウ上でカーソルをドラッグして、軌道をカラーランプへ変換します。

Objects/Object-Data

(親、拘束、モディフィアなどの) オブジェクトボタンで、 3D ViewportまたはOutlinerからオブジェクトを選択するために使用されます。

Camera Depth

距離に影響する数値フィールドでも、スポイトを使用することができます。

カメラの被写界深度を、選択した物へフォーカスするように設定するために使用されます。

  • ボタンの上にマウスカーソルがある状態で E を押すとスポイトが起動します。

  • LMB でのドラッグにより、ドラッグした場所の色が混ざります。これは、ノイズの多い画像から採色するのに便利です。

  • Spacebar で混ざった色をリセットし、再び色の混合を開始できます。