Tool Settings(ツールの設定)

Options(オプション)

参照

Mode(モード)

Edit Mode(編集モード)

Panel(パネル)

Sidebar(サイドバー) ‣ Tool(ツール) タブ ‣ Options(オプション) パネル

Transform(トランスフォーム)

Correct Face Attributes(面の属性を修正)

Adjust geometry attributes like UVs and Color Attributes while transforming.

Keep Connected(つながりを維持)

Correct Face Attributes(面の属性を修正) を使用する際に、同じ頂点に接続している属性をマージします。

Tip

UVを接続したままにしておくことは、有機モデリングには役立ちますが、建築モデリングには役立ちません。

UVs(UV)

Live Unwrap(ライブ展開)

辺のシームプロパティが変更されるたびに、UV 展開を自動的に再計算します。これは、UVエディターの Live Unwrap(ライブ展開) オプションとは異なることに注意してください。

Mirror(ミラー)

ミラーを使用すると、選択した軸に対して、頂点を対称的に変換できます。要素(頂点、辺、または、面)を変換するときに、(ローカル空間に)正確な軸ミラーリングされた対応物がある場合、選択した軸に沿った対称性によって、それに応じて変換されます。

注釈

Mirror(ミラー) が動作するための条件は非常に厳しく、使用が困難になる可能性があります。(ハーフ)メッシュの正確なミラーバージョンを作成するには、 Mirror Modifier(ミラーモディファイアー) を使用する方が簡単です。

Topology Mirror(トポロジーによるミラー反転)

注釈

Topology Mirror(トポロジーによるミラー反転) が機能するために、3つの内、少なくとも一つの Mirror Axis(ミラー軸) を有効にする必要があります。

ミラーリングされたメッシュジオメトリで作業するために3つの Mirror Axis(ミラー軸) オプションのいずれかを使用する場合、ミラーリングされる頂点は完全に配置されている必要があります。それらがミラー位置に正確に配置されていない場合、 Mirror Axis(ミラー軸) はそれらの頂点をミラーリングされたものとして扱いません。

Topology Mirror(トポロジーによるミラー反転) は、位置を使用するだけでなく、メッシュジオメトリ内でそれらの頂点が他の頂点とどのように関連しているかを調べることによって、ミラーリングされた頂点がどれであるかを判断し、この問題に対処します。トポロジ全体を調べて、特定の頂点がミラーリングされたものとして扱うかを判断します。この効果は、ミラーリングされた頂点が非対称でありながら、ミラーリングされたものとして扱われる可能性があることです。

注釈

Topology Mirror(トポロジーによるミラー反転) 機能は、より精細なメッシュ形状で、より確実に動作します。 Cube(立方体)UV Sphere(UV球) などの非常に単純なジオメトリを使用する場合、 Topology Mirror(トポロジーによるミラー反転) オプションは機能しないことがよくあります。

Topology Mirror(トポロジーによるミラー反転) の使用方法の例として、新しいBlenderシーンを開き、デフォルトの立方体を削除して、Monkey(モンキー)オブジェクトを 3D Viewport(3Dビューポート) に追加します。

  1. Tab を押して、Monkey(モンキー) オブジェクトを Edit Mode(編集モード) にします。

  2. すべてのミラー軸オプションを無効にした状態で、Monkeyオブジェクトの頂点の1つをわずかに移動します。

  3. 次に、 X Axis(X軸) Mirror(ミラー) をオンにしますが、 Topology Mirror(トポロジーによるミラー反転) は無効のままにします。

  4. その頂点を再度移動しても、 X Axis(X軸) Mirror(ミラー) は機能せず、ミラーリングされた頂点は変更されません。

  5. 次に Topology Mirror(トポロジーによるミラー反転) を有効にして同じ頂点を再度移動すると、 X Axis(X軸) Mirror(ミラー) は、完全に対象な位置でなくても、他の頂点をミラーリングします。

Auto Merge Vertices(自動頂点マージ)

参照

Mode(モード)

Edit Mode(編集モード)

Menu(メニュー)

Sidebar(サイドバー) ‣ Tool(ツール) ‣ Options(オプション) ‣ Auto Merge Vertices(自動頂点マージ)

有効にすると、頂点が Threshold(しきい値) 設定よりも別の頂点に近づくとすぐに、頂点が自動的にマージされます。このオプションはインタラクティブ操作にのみ影響します(Adjust Last Operation(最後の操作を調整) パネルで行われた微調整もインタラクティブと見なされます)。頂点が移動される正確なスポットに複数の頂点が含まれている場合、マージは移動された頂点とそれらの1つの間で実行されます。

Split Edges & Faces(辺と面を分割)

変換された各辺の交差を検出し、新しい頂点を所定の位置に作成し、辺と面が存在する場合、分割します。

Threshold(しきい値)

マージされる頂点間の最大距離を定義します。