Fly/Walk Navigation

特に建築モデルなどの大規模環境などでは、一人称視点でのコントロールによるナビゲーションが適していることがあります。そのような場合、ビューの中心を基にした視界の動きでは限界があります。Zoom、Pan、Dolly を使用できますが不便です。

Walk/Fly ナビゲーションを使用すると、シーンを移動しつつ、カメラの位置でビューの回転を行えるようになります。

../../../_images/editors_3dview_navigate_walk-fly_view-navigation-panel.png

View Navigation。

View Navigation オペレータを実行した際にデフォルトで起動するナビゲーションモードは、 Preferences editor で選択できます。また、View ‣ Navigation メニューから個々のメソッドを呼び出すこともできます。

Walk/Fly の一般的な用途は次のとおりです:

ナビゲーション

広大なシーンをナビゲートするのに便利です。

カメラの配置

Camera View で実行すると、カメラも移動します。

アニメーションの記録

カメラから実行する際にAuto Keyframe でアニメーションを再生していると、移動経路を記録するようにモーションの記録ができます。

Walk Navigation

Reference

Mode

全てのモード

ショートカットキー

Shift-AccentGrave

Menu

View ‣ Navigation ‣ Walk Navigation

起動すると、マウスポインタがビューの中央に移動し、クロスマーカーが表示されます。

このナビゲーションモードは、主要な 3D ワールドゲームで使用する一人称視点のナビゲーションシステムと同様の挙動をします。キーボードの矢印キーとマウスの動きの組み合わせで動作します。

Shortcuts

  • マウスを動かすことで見たい方向を向きます。

  • 矢印キーまたは W, A, S, D で前後左右に移動します。

  • テレポート Spacebar

    十字線の場所へ移動します (Preferences で設定した Camera Height の値によりオフセットされます) 。

  • ジャンプ V -- Gravity モードでのみ機能します。

  • 上下移動 Q, E -- Gravity がオフの場合のみ機能します。

  • TabGravity を切り替えます。

  • 移動速度の変更:

    • WheelUp または NumpadPlus で、このオープンセッションでの移動速度を上げます。

    • WheelDown or NumpadMinus で、このオープンセッションでの移動速度を下げます。

    • Shift (押し続け) -- 一時的にスピードアップします。

    • Alt (押し続け) -- 一時的にスピードダウンします。

新しいビューに満足したら、LMB をクリックして確定します。スタートした場所へ戻りたい場合は、いつものように Esc または RMB を押してください。

デフォルト値 (速度やマウスの感度など) を好みに調整したい場合には、Preferences でナビゲーションシステムのいくつかのオプションを選択できます:

Fly Navigation

Reference

Mode

全てのモード

ショートカットキー

Shift-AccentGrave

Menu

View ‣ Navigation ‣ Fly Navigation

起動すると、カーソルがセーフリージョンを示す四角の中心へ移動します。カーソルがこの領域の外側にある場合、ビューが Rotate/Pan します。

Shortcuts

  • マウスをセーフリージョンの外側に移動させることで、見たい方向を向きます。

  • ビューの前後移動:

    • WheelUp または NumpadPlus で、前方へ加速します。

    • WheelDown または NumpadMinus で、後方へ加速します。

      つまりビューが既に前進している場合には、WheelDown, NumpadMinus によって、やがて停止してから後方に移動し始めます。

      矢印キーまたは W, A, S, D を使用して、カメラの動きの加速度と方向を調整することもできます。

  • MMB のドラッグでビューを Pan します。

    この場合、マウスをドラッグし始めた時点のビューの Local 軸に基づいて平行移動します。

  • Shift で動作を精密にします (減速) 。

  • Ctrl で回転を無効にします。

    押している間、ビューの回転が飛行方向に影響を与えません。オブジェクトを通過して飛び去っていっても、オブジェクトをビューの中心に留めることが可能です。

新しいビューに満足したら、LMB をクリック、または、Spacebar を押して確定し、fly navigationを終了します。スタートした場所へ戻りたい場合は、いつものように Esc または RMB を押してください。