はじめに

他のオブジェクトと同様に、編集モード Tab でアーマチュアを編集します。

ボーンの編集ツールは、メッシュ の編集ツールととても似ています。

重要

アーマチュアの編集に関して理解すべき重要なことは、アーマチュアのレスト位置(つまりデフォルト状態)を編集するということです。レスト位置のアーマチュアは、そのローカル空間で回転無しでスケールが1.0に設定されたボーンで構成されます。

レスト位置を基に異なる ポーズ を作ることができます。編集モードで編集すると、すでに存在している全てのポーズも変更されます。従って一般的には、スキニングポージング 作業を始める前に、アーマチュアが確定していることを確認すべきです!

注釈

いくつかのツールはボーンのジョイントに作用する一方、ボーンに作用するものもあります。混乱しないように注意してください。

Add Menu

参照

Mode(モード)

Edit Mode(編集モード)

Menu(メニュー)

Add

ショートカットキー

Shift-A

In the 3D Viewport, Shift-A to add a new bone to your armature.

This bone will be:

  • Of one unit of length.

  • Oriented towards the global Z axis.

  • With its root placed at the 3D cursor position.

  • With no relationship with any other bone of the armature.

Locking Bones

You can prevent a bone from being transformed in Edit Mode in several ways:

  • All bones can be locked clicking on the Lock checkbox of their Transform panel in the Bones tab;

  • Press Shift-W Toggle Bone Options ‣ Locked

  • Select Armature ‣ Bone Settings ‣ Toggle a Setting.

If the root of a locked bone is connected to the tip of an unlocked bone, it will not be locked, i.e. you will be able to move it to your liking. This means that in a chain of connected bones, when you lock one bone, you only really lock its tip. With unconnected bones, the locking is effective on both joints of the bone.