オブジェクトの原点

各オブジェクトには原点があります。このポイントの位置によって、オブジェクトが3D空間のどこに配置されるかが決まります。オブジェクトを選択すると、原点を示す小さな円が表われます。原点の位置は、オブジェクトを平行移動、回転、またはスケーリングするときに重要です。詳細については、 Pivot Points を参照してください。

原点の色は 、オブジェクトの selection 状態に基づいて変化します。

黄色

オブジェクトはアクティブな状態です。

オレンジ色

オブジェクトは選択されていますが、アクティブではありません。

White

オブジェクトはリンクも選択もされていません。

ターコイズ

オブジェクトはリンクされています。

ライトターコイズ

オブジェクトは選択され、リンクされていますが、アクティブではありません。

注釈

配色はテーマに沿っており、異なって見える場合があります。ここで説明する色は、デフォルトのDarkテーマのものです。

Set Origin

Reference

Mode

Object Mode と Edit Mode

Menu

Object ‣ Set Origin

オブジェクトの原点とジオメトリは、相互に、また、3Dカーソルへ、移動できます。

Type
Geometry to Origin

モデルを原点に移動します。これにより、オブジェクトの原点もオブジェクトの中心になります。

Origin to Geometry

原点をオブジェクトの中心に移動します。

Origin to 3D Cursor

モデルの原点を3Dカーソルの位置に移動します。

Origin to Center of Mass

原点をモデルの計算された重心に移動します(メッシュの密度が均一であると想定)。

Center

Median Point Center, Bounding Box Center

ちなみに

オブジェクトの原点を直接変換するには、 Pivot Point のポップオーバーで Origins を有効にします。