周辺機器の構成

ディスプレイ

フルHD以上のディスプレイを推奨します。マルチモニタ設定がサポートされており、複数のモニタにわたってワークスペースの構成が可能です。

../../_images/getting-started_configuration_hardware_multi-monitor.jpg

Blender のマルチモニタサポートの例。

入力デバイス

Blender は、さまざまなタイプの入力デバイスをサポートしています:

  • キーボード (推奨は数字キーパッド付きキーボードで、英語レイアウトのものが最適です)

  • マウス (推奨はスクロールホイール付きの 3 ボタンマウスです)

  • NDOF デバイス (3D マウス とも呼ばれます)

  • グラフィックタブレット

注釈

マウスや数字キーパッドなどの入力デバイスが足りない場合、Blender では keymap を変更することで、これらのデバイスをエミュレートできます。また、有効にするための設定は Input Preferences の中にあります。

マウス

マウスボタンのエミュレーション

3 ボタンマウスでない場合は、Preferences のオプションをチェックして、エミュレートを有効にする必要があります。

次の表は、使用される組み合わせです:

3ボタンマウス

LMB

MMB

RMB

2ボタンマウス

LMB

Alt-LMB

RMB

キーボード

数字キーパッドのエミュレーション

キーボード側面に数字キーパッドがない場合は、それをエミュレートできます (キーボード上部にある数字キーでの操作になります。代わりに、レイヤー表示の素早い切り替え機能が失われます) 。

参考

数字キーパッドのエミュレーション の詳細については Preferences を参照してください。

英語以外のキーボード

英語以外のレイアウトのキーボードを使用する場合でも、コンピュータを英国または米国のレイアウト設定に切り替えれば、Blender に関してはそれが反映されます。

注釈

デフォルトのキーマップとホットキーを Preferences で変更することもできますが、このマニュアルでは、既定のキーマップを使用していることを前提としています。

グラフィックタブレット

グラフィックタブレットを使用することで、ペンによってマウスカーソルを制御し、より伝統的な操作を行えます。ペンのような道具によるペイントや描画に慣れたアーティストへ親しみのある体験を提供するだけでなく、圧力感度などの追加のコントロールが行えるようになります。

注釈

マウスの代わりにグラフィックタブレットを使用していて圧力感度が正しく動作しない場合には、Blender ウィンドウにマウスポインタを配置してから、グラフィックタブレットを取り外して挿し直すと良くなることがあります。

NDOF (3D マウス)

3D mice or NDOF devices are hardware that you can use to navigate a scene in Blender. Currently only devices made by 3Dconnexion are supported. These devices allow you to explore a scene, as well as making Fly/Walk Navigation easier to control. The NDOF device can be configured in the Preference. These settings can also be accessed using the NDOFMenu button on the NDOF device to open a pop-up menu to adjust the settings directly from the viewport.

参考

周辺機器の設定の詳細については、Input Preference を参照してください。

Head-Mounted Displays (Virtual Reality)

HMDs make it possible to place users in an interactive, virtual environment. Attached to the head, they track head movements to project a seemingly surrounding world onto small screens in front of the user's eyes. If the system works well, they experience the virtual environment as if they were really inside of it.

Supported Platforms

Virtual reality support in Blender is implemented through the multi-platform OpenXR standard. This standard is new and therefore support for it is still limited.

OpenXR compatible platforms.

Platform

Operating System

ノート

HTC Vive Cosmos

Windows

Developer Preview

Monado

GNU/Linux

Not recommended for general use yet.

Oculus (Rift and Quest)

Windows

Requires Oculus v31 Software Update. Oculus Link required for Quest.

SteamVR

Windows, GNU/Linux

Requires SteamVR 1.16 or greater.

Varjo

Windows

--

Windows Mixed Reality

Windows

Requires Windows 10 May 2019 Update (1903).

入門

The following subsections describe how an HMD can be set up for usage with the supported platforms. If this is not done, Blender will report an error when trying to start a virtual reality session.

HTC Vive Cosmos

The dedicated platform for the HTC Vive Cosmos is currently targeted at developers and may lack features found in other platforms.

Monado

Monado is a free and open source XR platform for Linux. It is not yet ready for production usage and should only be used for testing purposes.

  • Packages are available for the following distributions:

    For other systems, it has to be compiled from source, which in this case is not recommended for people with little experience in compiling software. Follow the Getting Started Guides from Monado to do so nevertheless.

  • Enable the VR Scene Inspection add-on in Blender.

Oculus

Oculus provides full support for OpenXR as of the Oculus v31 Software Update.

../../_images/getting-started_configuration_hardware_xr_runtime_oculus.jpg

SteamVR

SteamVR provides full support for OpenXR as of SteamVR 1.16.

  • Set SteamVR as the active OpenXR runtime via the Developer tab in the SteamVR Settings.

../../_images/getting-started_configuration_hardware_xr_runtime_steamvr.jpg

注釈

The SteamVR runtime can also be used for HTC Vive Cosmos, Oculus, and Windows Mixed Reality HMDs.

Varjo

Varjo includes full OpenXR support with its required Varjo Base software.

Windows Mixed Reality

Windows Mixed Reality provides full support for OpenXR. To check if a PC meets the requirements to run the software, Microsoft offers the Windows Mixed Reality PC Check application.

  • Make sure the Windows 10 May 2019 Update (1903) is installed.

  • If the system meets all requirements, the Mixed Reality Portal should already be installed. It is also available in the Microsoft Store.

  • Launch the Mixed Reality Portal. Click the menu button ... in the lower left corner. In the menu it opens, select the Set up OpenXR.

  • Enable the VR Scene Inspection add-on in Blender.

注釈

To switch to Windows Mixed Reality from another OpenXR runtime (e.g. SteamVR), download the OpenXR Developer Tools from the Microsoft Store and set Windows Mixed Reality as the active runtime.

../../_images/getting-started_configuration_hardware_xr_runtime_wmr.jpg