Denoise(デノイズ)ノード

Denoise(デノイズ)ノード。

CPU Compositor Only

Denoise(デノイズ)ノードは、 Cycles や他のレイトレーシングレンダラーからのレンダーのノイズ除去に使用できます。これは、より少ないサンプルでレンダリングすることにより、レンダー時間を大幅に短縮するのに役立ちます。

It uses Open Image Denoise, which transforms noisy images into clean images with machine learning.

入力

Image(画像)

ノイズのある入力画像。

Normal(ノーマル)

詳細をより適切に保持するためのオプションのノーマルレンダーパス。Cyclesの場合、Denoising Data(デノイズデータ)パスを有効にするときに使用できるDenoising Normal(デノイジングノーマル)レンダーパスを使用することをお勧めします。

Albedo(アルベド)

詳細をより適切に保持するためのオプションのアルベドレンダーパス。Cyclesの場合、Denoising Data(デノイズデータ)パスを有効にするときに使用できるDenoising Albedo(デノイジングアルベド)レンダーパスを使用することをお勧めします。

Properties(プロパティ)

Prefilter(プレフィルター)
None(なし)

入力パスにプレフィルターを適用しません。このオプションは、最も詳細な情報を保持し、最速ですが、入力パスにノイズがないことを前提としているため、サンプル数が多くなる可能性があります。入力パスにノイズがない場合、ノイズ除去後にノイズが画像に残ります。

Fast(高速)

入力パスにノイズがないことを前提としていますが、入力パスにプレフィルターを適用しません。このオプションは Accurate(高精度) よりも高速ですが、結果がぼやけます。

Accurate(高精度)

ノイズを低減するために、ノイズ除去の前に入力パスをプレフィルターします。このオプションは通常、処理時間が長くなり、 Fast(高速) よりも詳細な結果を生成します。

HDR

0から1の範囲外の色を保持します。

出力

Image(画像)

ノイズ除去された出力画像。

../../../_images/compositing_types_filter_denoise_example.jpg

入力として非常に少数のサンプルを使用して、ノイズ除去の前後にレンダーします。より多くのサンプルが使用されると、ノイズ除去は詳細をより適切に保持できるようになります。