Keymap(キーマップ)

キーマップエディターを使用すると、次の方法でキーマップを調整できます:

Presets(プリセット)

Blenderに付属し、追加できる、事前定義されたキーマップ。

Preferences(プリファレンス)

キーマップは、機能を変更したり、キーバインディングを追加したりするために、独自のプリファレンスを定義する場合があります。

キーマップ アイテム

個々のキーマップエントリを追加/削除/編集できます。

../../_images/editors_preferences_section_keymap.png

Blenderの Preferences(プリファレンス) Keymap(キーマップ) セクション。

プリセット管理

プリセット キーマップ

事前定義されたキーマップのリストからキーマップを選択します。

Import

File Browser(ファイルブラウザー) で .py ファイルを選択し、プリセットキーマップのリストに追加するファイルをインポートします。

Export

現在のキーマップ構成を、他のユーザーが使用できるプリセットとして保存します。

All Keymaps(全キーマップ)

無効にすると、ユーザーが変更したキーマップとカテゴリのみがエクスポートされます。さらに、アドオンはキーマップをそれぞれの機能に登録できますが、それらのキーマップは、ユーザーが変更しない限りエクスポートされません。エクスポートされたファイルは、完全なキーマップのエクスポートではなく、"keymap delta(差分キーマップ)" と見なすことができます。

有効にすると、キーマップ全体が書き込まれます。

フィルタリング

Filter Type(フィルタータイプ)
Name(名前)

キーマップアイテムを、実行するオペレーター名で検索します。

Key Binding(キーバインド)

キーマップアイテムを、アクティブ化に使用するキーで検索します。

ヒント

例えば、 Ctrl Shift C で、これらすべてのキーを使用するキーマップアイテムを検索できます。

Search(検索)

検索するテキスト(無効にするには空白にします)。

Preferences(プリファレンス)

キーマップは独自のプリファレンスを定義する場合があります。これらは、新しい Blender Versions で問題を引き起こす可能性のある個々のキーマップアイテムを手動で調整する必要のない、キーマップの事前定義された調整です。

デフォルトのキーマップで使用可能なオプションについては、 デフォルトのキーマッププリファレンス を参照してください。

Editor(エディター)

キーマップエディターを使用すると、デフォルトのホットキーを変更できます。Blenderの各エディターのキーマップを変更できます。

../../_images/editors_preferences_keymap_keymap-editor.png

キーマップエディター。

使用方法

  1. 変更するキーマップを選択し、白い矢印をクリックしてキーマップツリーを開きます。

  2. どの入力で機能を制御するかを選択します。

  3. 必要に応じてホットキーを変更します。ショートカット入力欄をクリックして、新しいショートカットを入力します。

Active(アクティブ)

このキーマップアイテムを無効にするには、チェックを外します。

Map Type(マップの種類)
Keyboard(キーボード)

一つのホットキーまたはキーの組み合わせ。

Mouse(マウス)

マウスボタン、タブレット、またはタッチパッド入力からのアクション。

NDOF

3Dマウス (NDOF) デバイスからの移動。

Tweak(長押し)

マウスでクリックしてドラッグします (オプションでドラッグする方向で別アクションにマップします)

Text Input(テキスト入力)

テキストを入力することでこの機能を使用します。

Timer(タイマー)

期間に基づいてアクションを制御するために使用されます。例えば、デフォルトでは、 Animation Step(アニメーションステップ) は "Timer 0(タイマー0)" を使用し、 Smooth View(スムーズビュー) は "Timer 1(タイマー1)" を使用します。

Operator ID Name(オペレーターのID名)

オペレーターが呼び出す識別子。

ヒント

演算子のリストについては、 bpy.ops を参照してください(識別子の bpy. プレフィックスを除いてください)。

イベント
Type(タイプ)

このキーマップアイテムをアクティブにするキーまたはボタン(マップの種類によって異なります)。

Value(値)

アクション(押す、離す、クリックする、ドラッグするなど)、(マップの種類によって異なります)。

Modifier(修飾キー)

(Ctrl, Shift, Alt のような) 追加のキー。

Operator Properties(オペレータープロパティ)

このオペレーターがアクティブ化されるデフォルトのプロパティへの変更

参考

キーマップの編集の詳細については、 Keymap Customization を参照。

Restoring(リストア)

キーマップのデフォルト設定を復元するには、このキーマップの右上にある Restore ボタンをクリックします。

ちなみに

カスタムキーマップを作成するためにデフォルトのキーマップを削除する代わりに、マウスとキーボードの両方に新しい Preset(プリセット) を追加できます。

既知の制限

Blenderのバージョン

独自のキーマップを変更する際の問題は、Blenderの新しいバージョンでのキーがツールへのアクセス方法を変更し、カスタマイズされたキーマップを壊してしまうことです。

キーマップは手動で更新できますが、カスタマイズを行うほど、Blenderの新しいバージョンで競合が発生する可能性が高くなります。