Viewport Shading

3D Viewport のシェーディングは作業内容に合わせて調整でき、いくつかのモードから選択できます。

注釈

シーンの Render Engine が Workbench である場合は、Material Preview オプションは使用できません。

Wireframe

シーン全体の表示を、オブジェクトのエッジ (Wireframe) のみにします。

Color
Single

単一の色を使用してシーン全体をレンダリングします。

Object

各オブジェクトごとに、Object Properties の Viewport Display パネルで設定した色を表示します。

Random

シーン内のすべてのオブジェクトに対してランダムにカラーが選択されます。

Background

3D Viewport での背景の表示方法を設定します。

Theme

Theme の背景色を使用します。

World

World Properties の Viewport Display パネルでの設定を使用します。

Viewport

3D Viewport の背景にカスタムカラーを割り当てます。

Options
X-Ray

シーンを透過表示にします。スライダを使用すると、シーンでの透過率を調整できます。Wireframe モードでは、背面のワイヤの不透明度に適用されます。

Outline

Viewport 内でオブジェクトがレンダリングされる際の、オブジェクトの輪郭の色を調整します。

Solid

Solid モードでシーンを表示します。このモードでは、Workbench のレンダリングエンジンを使用して 3D Viewport がレンダリングされます。LightingColor および Options のオプションについては Workbench の レンダリングエンジンの章に記載されています。

Background

3D Viewport での背景の表示方法を設定します。

Theme

Theme の背景色を使用します。

World

World Properties の Viewport Display パネルでの設定を使用します。

Viewport

3D Viewport の背景にカスタムカラーを割り当てます。

Material Preview

Eevee と HDRI 環境により 3D Viewport をレンダリングします。このモードは、マテリアルやテクスチャペイントのプレビューに特に適しています。マテリアルをテストするために、異なるライティング設定を選べます。

Lighting
Scene Lights

シーンをレンダリングする際に、シーン内のライトを使用します。

Scene World

シーンの World 設定を使用してシーンをレンダリングします。オフにすると、以下の設定で世界環境が構築されます。

HDRI Environment

シーンのライトとして使用する環境マップです。

Rotation

環境マップを Z 軸回転させます。

World Space Lighting

ライトの回転を固定し、カメラに従わないようにします。この設定を無効にすると、ビューが変化するにつれてライティングが変化し、マテリアルをスカルプトとペイントの matCap として使用できるようになります。

Strength

環境光の強さです。

World Opacity

3D Viewport の背景にレンダリングさせる、非常にぼやけた HDRI の不透明度を設定します。

Blur

HDRI 環境 の焦点を外す要素です。これはライトの拡散を変更せず、色の外観のみを変更することに注意してください。

Render Pass

最終的なレンダリング結果の代わりに、レンダーパスを表示します。ジオメトリやマテリアル、ライティングの解析や修正に便利です。

Rendered

シーンの Render Engine を使用して、3D Viewport をインタラクティブにレンダリングします。デフォルトでは、シーンライトがライティングに使用されます。また、Material Preview モードと同じオプションにより、HDRI 環境を使用することもできます。

Render Pass

最終的なレンダリング結果の代わりに、レンダーパスを表示します。ジオメトリやマテリアル、ライティングの解析や修正に便利です。