イメージの設定

Image パネル

Image

データブロックメニュー。

New +

New Image ボタンにより、Generated のイメージを設定するためのポップアップが開かれます。

Source

Supported Graphics Formats を参照してください。

Single Image

静止画または単一フレームの画像です。

Image Sequence

Each frame is stored in a separate file. How to Opening an Image Sequence. For options see Movie below.

Movie

コンテナに格納された複数のフレームです。

Frames

使用するフレーム範囲を設定します。

Match Movie Length

このボタンはムービー フレーム を、選択している動画の長さと同じに設定します。

Start

プレイバックを行う際の、シーケンスのグローバル開始フレームです。これはグローバル設定であるため、Movie Clip Editor 自身のほか、Motion Tracking への拘束、Compositor ノードなど、すべてのクリップユーザーに影響します。

Offset

クリップの最初のフレームをオフセットします。シーンフレームをファイル名のフレーム番号に変換する際に、フレーム番号に余分なオフセットを追加します。このオプションは、トラッキングデータやその他の関連データには影響しません。

Cyclic

最終フレームの後ろに先頭フレームを持ってくることによる繰り返しで、連続したループを作成します。

Auto Refresh

フレームの変更時にイメージを自動的に更新します。

Deinterlace

ビデオファイル内のフィールドを削除します。例えば、アナログビデオで偶数または奇数のインターレースフィールドがある場合に使用します。

Generated

Blender 内で画像を作成します。

../../_images/editors_image_image-settings_generated-image-panel.png

SourceでGenerated選択時のImageパネル。

../../_images/editors_image_image-settings_generated-new-image.png

New Imageポップアップメニュー。

Width, Height

ピクセル単位での画像サイズです。

Color

空の画像を作成した場合の、塗りつぶしの色を設定します。

Type
Blank

指定した単一色の、空の画像を作成します。

UV Grid

各正方形に色付きの十字 (+) があるチェッカーボードパターンを作成します。

Color Grid

グリッド内の位置を示す文字と数字を含む、より複雑な色付きのグリッドを作成します。UV のマッピング方法をテストしたり、ストレッチや歪みを減らす際に便利です。

32-bit Float

32 ビットの画像を作成します。ファイルサイズが大きくなりますが、標準の 8 ビット画像よりもはるかに多くの色情報を保持します。クローズアップや広域のグラデーションに関して、32 ビット画像のほうがより適しています。

Tiled

UDIMs をサポートするイメージを作成します。このオプションは最初の 1001 タイルを作成します。後で UDIM タイル パネルにタイルを追加できます。

共通のオプション

File

ファイルの置換やパッキングに使用します。

Pack

現在の blend ファイルへリソースを埋め込みます。

Path

リンクされたファイルへのパスです。

Open

ドライブからファイルを選択するための File Browser(ファイルブラウザー) を開きます。

Reload

ファイルを再読み込みします。外部アプリケーションでファイルが編集された場合に有用です。

Use Multi-View

Multi-View を参照してください。

Color Space

Color Space.

sRGB

標準の RGB 表示スペースです。

Linear

Linear 709 (full range) です。Blender のネイティブリニアスペースです。

Linear ACES

ACES リニアスペースです。

XYZ

標準のリニア XYZ スペースです。

Non-Color

Non-Color データ (Normal Map など) を含むイメージに使用されるカラースペースです。

Raw

Non-Color と同じです。

Filmic Log

フィルミックビュー変換の、中間 Log カラースペースです。

Alpha

Representation of the image's Alpha Channel, to convert to and from when saving and loading the image. This option is only available if the input format support's encoding transparency.

Straight

RGB チャンネルと、マスクとして機能するアルファを別々に格納します。このアルファは関連付けられていないアルファとも呼ばれます。画像編集アプリケーションや PNG などのファイル形式で一般的に使用されます。この方式は、画像のアルファがゼロの部分でも色が保持されます。

Premultiplied

アルファを乗算した RGB チャンネルを格納します。このアルファは関連付けられたアルファとも呼ばれます。レンダリング用の自然な形式で、OpenEXR などのファイル形式で使用されます。ストレートアルファとは異なり、炎のような純粋な放射効果を正しく表すことができます。

Channel Packed

RGB チャンネルとアルファチャンネルへ別々の画像を格納し、互いに影響を与えることがありません。チャンネルパッキングは、メモリを節約するためにゲームエンジンで一般的に使用されます。

None

ファイルのアルファチャンネルを無視し、画像を完全な不透明にします。

Half Float Precision

32ビットの代わりに、チャネルごとに 16ビットの Bit Depth のみを持つように画像をロードします。これはメモリを節約します。

View as Render

イメージを画面に表示するときに 色変換 を適用します。